徘徊オヤジの日々是ざれごと

還暦退職者が、現在の生活と心情、そしてちょっとした趣味について綴ります。

北海道の里山をあるく・・・126

2017-04-24 08:28:30 | 北海道の里山をあるく
当別町-石狩市・弁華別(べんけべつ)から聚富(しっぷ)へ

 昨年もたしかこの時期に、内陸にある弁華別郵便局から浜辺の望来(もうらい)まで歩いて、とても気持ちよかったことを思い出して、今度はもっと南側の道を歩いてみることにしました。

 同郵便局までは当別町営バスで行き、石狩湾の海岸沿いの国道まで歩いたのですが、暖かくて風もなく絶好のウォーキング日和でした。

 郵便局の向かいには旧弁華別小学校があって、以前は北海道最古の現役木造校舎だったのですが、2016年3月についに閉校となったといいます。

 国道までは山越えの道で、峠付近は車両通行止となっていたのですが、途中「伊夜日子神社」「石狩油田八の沢鉱業所跡」という碑もあって、昔は油田もあり案外開けた地域だったのかもしれません。


旧弁華別小学校


まだ残雪多い峠付近の道


途中で見かけた五の沢池


←2万5千分の1地形図「望来」「弁華別」より

←このあたり
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕日の向こうに・・・4 | トップ | 北海道の里山をあるく・・・127 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む