気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

掛川市北部の桜めぐり ⑤ 倉真川周辺の桜

2017-04-19 11:21:40 | ふるさと紹介
 昨日、当ブログで「サクラ散る!」をご紹介しましたが、今年の桜見物で未紹介の地がまだ幾か所かありますので続けてご紹介いたします。
 今日のご紹介は、掛川市北部で国道一号線バイパスの西郷IC附近を北に流れる倉真川(くらみがわ)周辺の桜風景です。

 倉真川は2級河川太田川の支流として、真砂川の合流点から逆川への合流点まで、11.36kmを流れる川です。

 上流部には秋にはアサギマダラの訪れるフジバカマ庭園のある温泉旅館真砂館や百観音。さらにその先には掛川唯一(?)の滝、松葉の滝もあります。

 川下から訪ねて行きます。

   
 七日町・前側橋の川上付近の桜です。七日町側(左 )のソメイヨシノと、川の北側には白系の桜が咲いていまいた。

   
 初馬川との合流点付近の桜。まだ樹齢が短いようで、数年先には成長して、桜の見所となるでしょう。右は少し上流の倉真小学校校門前の桜です。小学1年生が野外授業を行っていました。

   
 その先は五明地区の石ヶ谷橋下の桜風景です。新興住宅街とともに整備された川の両側に咲く桜風景。

 そこからもう少々足を延ばしてみました。県道のくらみ温泉へ向かう道路と、ならここ温泉へ向かう道路が交わる石畑交差点付近です。

 くらみ温泉側へ向うとすぐ横に高萩橋がありました。ここにはシバザクラが植えられ、強烈なピンク色が目に飛び込んできましたので車を止め、シバザクラとソメイヨシノのコンビ風景を撮影してきました。。

          
 シバザクラとソメイヨシノの二つの桜を楽しむことができました。

 上の小画像は、ここから少し入った奥に世楽院という寺院があります。ここに枝垂れ桜が2本あるよ!と聞いていたので、出かけました。まだ大木ではありませんが、あと少しで満開を迎えるころの枝垂れ桜です。数年後には見事な枝垂れ桜が見られることと思いました。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクラ散る! | トップ | 掛川市北部の桜めぐり ⑥ 原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL