気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

旧東海道・430mの石畳

2016-12-13 17:45:15 | ふるさと紹介
  江戸時代に造られた石畳の復元です。
  島田市の金谷宿と掛川市の日坂宿の間にある金谷峠の坂道を旅人が通りやすいように石畳を引いたことから、近年は30mしか残っていなかった石畳の東海道を、平成3年に金谷町民等約600名が協力して石畳を敷いたとのことです。
 
その距離が430m。きれいに整備された旧東海道の石畳をほんの入り口だけですが歩いてきました。

   
             (石畳の入り口。石畳の急な坂が続きます)

          
        (その先へ進むと上り坂ですが、緩やかなカーブが先の方まで続いていました。)


 足元の石をアップしてみました。かなり大きい石で430mを普請するにはさぞ大変だったことでしょう。

   
              (長さが30~40cm大の石が奥の方まで続いていました)


 上の小画像は、この石畳の由緒を記した島田市教育委員会の説明文です。拡大してご覧ください。
『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジブック・アーカイブ⑪ 『... | トップ | 11月発行の新切手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL