気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

ベルサイユ宮殿の庭園 〔外国の風景⑨ (フランス)〕

2017-01-03 21:30:33 | 外国の風景
パリ郊外22Kmの地にあるベルサイユ宮殿
一口で言うなら、当時のフランス国王ルイ14世が1682年に建てた宮殿です。豪華な建物と広大な美しい庭園で有名です。
上の小画像は、ベルサイユ宮殿とその前の庭園風景です。(本日のタイトルをクリックすると拡大します。)

      
          (宮殿前の整備された大きな庭園風景)

 以前に訪れたそのベルサイユ宮殿の庭園の画像が出てきましたのでご紹介します。宮殿内を見学〔撮影禁止であったようで画像が残っていません〕した後、アンドレ・ル・ノートルによって造営されたという庭園を歩きました。

    

 ここには建物建設よりも噴水庭園の建設の方が、労力が投入されたと言われています。
訪れた日には、さらにその先の池を囲む庭園に多くの騎馬隊が集結し、何か儀式が行われていました。
 時間の関係で最後まで見届けることはできませんでしたが、フランスならではの騎馬による儀式が続いていました。

    

 儀式が行われていた庭園も高木・低木がきれいに植えられ、森の奥まで続く樹木や池との構成が美しさを感じさせられた庭園でした。

 ちなみにフランスの中のベルサイユ宮殿のある位置は次の地図でご覧ください。
         
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酉年を迎えた各地の門松② | トップ | 車中から富士山を追う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

外国の風景」カテゴリの最新記事