気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

家康公と明治天皇ゆかりの寺 《清見寺Ⅲ》

2016-10-14 17:13:34 | ふるさと紹介
静岡市清水区興津にある清見寺。そのⅢは、明治天皇が、明治2年と11年に同寺院を鳳輦(天皇の乗る乗り物)で迎えたとあります。

 清見寺には書院がありここに天皇の使われる部屋《玉座》が設けられています。
 玉座に立ち入ることはできませんが、この部屋の前まで行って見学することはできます。
 上の小画像は、廊下側から見た書院風景です。

 次の画像は書院の外側から見た内部と内部から見た外側の風景です。

   
 (左画像の奥に玉座の間があります。)


 (上の画像の内部へ入った風景で左に玉座の間が、右画像は玉座の前の部屋の棚下部の襖絵です。)


 (玉座の間の画像です。右はその拡大画像です。)

 最後にご紹介の下画像は部屋の作りで、上は欄間の作り、下2画像は釘隠しです。


ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御前崎でかかし祭り | トップ | 日本郵便(JP)9月発行の新切手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL