風の軌跡~All for FREIHEIT~

ようこそ我が城へ。城主のLaplaceツバサです。特におもてなしもできませんが、後ゆるりとおくつろぎください。

エアフィルタークリーニング

2017-05-14 13:20:41 | GSX-S1000F

さて今回はGSX-Sのほうをいじるよ!

・・・まぁ、いじるというか、定期メンテナンスである()

1万キロごとに行う必要のある、社外エアフィルターのクリーニングである。

Ninja250Rの時は横のサイドカバーを外せば簡単にエアフィルターを取り外しが出来たが、
ZX-10R,Z800,GSX-S1000Fに継ぎ、
どんどんエアフィルター取り外しが面倒になっていくwww

エアフィルターを取り外すために、サイドカウル、サイドパネル、シート、を外し、タンクをフリップアップしなければならない。

1万キロ走行したDNAエアフィルター

ぱっと見綺麗だが、中央下部がススで汚れているのが分かる。
また、波波の間にも虫やゴミが挟まっている。

エアフィルターのクリーニングはK&Nのときと同様で、
専用の洗浄液を使用してフィルターオイルを溶かし、流水で洗い流して自然乾燥させるという手順だ。

強制乾燥ができないため、天日干しに丸一日要する。

サイドカウルレス状態のGSX-Sにまたがってみたが、カウルがないと400~ミドルクラスくらいのコンパクトさになるなwww

 

バイクのみの生活だったとき、エアフィルターをクリーニングすると移動手段が使えなくなるため、中々クリーニグのタイミングがつかめなかったが、
車があればその心配が無いからやっぱり2台体制が偉大だわ(再確認

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車高調の導入 | トップ | ホイールナットの交換 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL