風の軌跡~All for FREIHEIT~

ようこそ我が城へ。城主のLaplaceツバサです。特におもてなしもできませんが、後ゆるりとおくつろぎください。

いよいよサスペンションの交換!!

2016-10-31 00:15:14 | GSX-S1000F

中々作業する時間がなく、かつ情報が少なかったサスペンション交換。

折角購入したのに取り付けできないため、ここ最近はナイトロンサスペンションがただの高価なダンベルになっていた。

 

しかしついに取り付ける日がきた!!

GSX-S1000シリーズのサスペンション交換。
まだ情報が少ないが、取り付けた人によると、サービスマニュアルには「エキパイを外して交換」すると書いてあるらしい。

 

エキパイを・・・・外す・・・!?!?

確かに昨今のバイクは消音規制の強化もあって、腹下にお弁当箱が搭載されてショートサイレンサースタイルを取り入れているものが多いが、
そのお弁当箱の為にサスペンションが外せないとはこれいかに・・・!!

エキパイを外すとなると、その正面にあるラジエーターが邪魔なので外さなければならない。
しかしラジエーターを外すにはまずサイドカウルを外さなければならない。
かつ、エキパイを外すのであれば新しいガスケットも必要だ。

なにより面倒くさいwwwwww←これに尽きる

なので、エキパイを外さない方法をいろいろ調べてみたのだが、
まぁまず作業実績が検索できないんだよね・・・

そんな状況下だが、折角作れた一日暇な日曜日なので、朝から作業に取り組むことにした。

とりあえず作業しながらエキパイを外さずいける方法を模索するが、最悪交換できるくらいの工具は用意した。
(そのついでにリアカウル外さないとできないリアフルード交換もしてしまう)

今回は新たにジャッシを購入した。
以前ジャッキを使う作業の為にわざわざ島根のてぃんご宅まで行ったが、流石にもうそんなことはしない()

ホームセンターで2000円くらいで購入できた☆

 

さて作業だが、まずはサスペンションを外す作業を行うことにした。

サスペンションを外すためには上下の固定ボルトを外す必要があるのだが、上部固定ボルトはリアブレーキのリザーブタンクが邪魔で引き抜くことが出来ない。
そのため、シートカウルの右側をばらしてリザーブタンクを避ける必要がある。

排気デバイスキャンセラーを装着したときのように、タイヤとシートレールの間にジャッキを挟んでアップさせようと思ったのだが・・・

そういえばロングインナーフェンダーにしてたんだった・・・!!!

そのため、前回と同じ位置にジャッキをかませるにはフェンダーを外さねばならない。
しかしフェンダーを外すにはリアホイールを外さねばならない。

リアホイールを外してフェンダーを外しても、タイヤがないのでジャッキを置くことができず、
フェンダーをレスした状態でまたリアホイールを装着してジャッキを挟まなければならない。

どうあがいてもとても面倒くさいwww←これに尽きる

 

なので、フェンダーが被ってないタイヤの端っこのほうと、フェンダー(テールから伸びてるよう)の樹脂部分にジャッキをはさむことにした。

当然樹脂パーツであるため、ジャッキアップで荷重がかかってくるとミシミシいってしなり始めるのだが、まぁなんとかジャッキアップすることに成功()

 

ジャッキでテール部が落下するのを防ぎ、サスペンションの上下ボルトを外し、サスペンションをフリーにする。

 

ここからが本題で、どうやってサスペンションを取り外すか・・・

エキパイまでの排気ラインを眺めてみるのだが、やはり外すのは避けたい・・・

 

と、ここでTL1000R乗りの涼鶴くんがツイッターでくれたヒントを参考にしてみる。

どのようなものかというと、

『スイングアームをあげて下からサスペンションを引き抜く』

というもの。

”下から外す”という点ではエキパイ外し方と同じだが、↑はお弁当箱とスイングアームの隙間から取り出すというもの。

 

早速実践!!

サスペンションをフリーにしたのち、奥側へのスペースを確保するために排気デバイスが固定されているプレートも外す。

そしてタイヤとフェンダー間にはさんだジャッキを少しずつ下げていく・・・
シート部が見たこと無いくらいに下がり、超ローダウン仕様になっていく矢先、突然

ガシャッ

あぁぁぁぁぁぁwwwwwwwwww

気をつけていたシートとのキッスだが、シートを下げていくうちにジャッキが傾き始め、いよいよゴロンとジャッキが外れてしまったのだ。

その瞬間、シートは勢いよく落下し、カーボンインナーフェンダーとキッスした。 

ンンンンンンwwwwwwwwwww
(カーボンフェンダーにタンデムステーが接触し、表面のクリアが削がれて悶絶してる) 

落下したシート部は非常に重く、なかなかジャッキを元に戻すことが出来ない。
なんとかタイヤとシート下に物を挟み、挟まれて取れなくなっていたジャッキを摘出。
ちょっと自力ではシート部が持ち上がらないので、外したジャッキを今度はお弁当箱下に設置してアップする。

万が一これが手を入れての作業中だったら確実に骨が折れていた_(:3」∠)_ 

 

今思えば最初からこうしておけばよかったなと思った()

タイヤとシート下と違って、こちらは安定感がある。

不幸中の幸いにも、シートが落下してきたのと同時に、純正サスが外れて転がりでたwww

お弁当箱をジャッキアップしながら、スイングアームとの間にできた隙間からナイトロンサスを差し込む。

リンク部は本当なら3点外したいところだったが、下の一点が固くてどうしても外れず、結局スイングアーム側とサスペンション側だけ外したのだが、それでも交換はできた。

ジャッキで車体側の高さを微調整し、サスペンションの固定ボルトを差し込む。

サスペンションに固定ボルトを通し、やっと山を越えた・・・と思ったら

あぁ~wwww排気デバイス忘れてたwwwwww
(またサスペンションを外して排気デバイスを固定する羽目に) 

サスペンションを固定し終わったら、こんなときくらいしかできないリアフルードの交換を行う。

納車されて10ヶ月、走行距離2万キロの間、一度も交換したことがなかったリアのフルード。

例えるなら濃厚なリンゴジュースといったところだろうか・・・(´`
なかなかいい感じに汚れていた。

 

フルード交換終了後、もう一つ試してみたかったのだが、ウィンカーリレーの交換。

これもシートカウル右側にあるため、このサス交換の作業の際に外したシートカウルの中から露出する。
(写真がGSX-Sのウィンカーリレー)

これに、ヤフオクでもよくみる、格安で入手したLED用ウィンカーリレー(車用)を装着してみることにした。

GSX-SのウィンカーリレーはL字型で端子が配されているが、このリレーはコの時型になっている。
ただ、増えたもう一本の端子はアースなので、写真のように配線を追加して別でアース接続することにした。 

装着した結果、ウィンカーとしての機能は問題なかった。
LEDウィンカーにして試したわけではないので、実際にLEDウィンカーを使用して正常に動作する保障は無いが、とりあえず純正状態では大丈夫だった。

ウィンカーが機能する際、純正リレーは無音なのだが、この格安リレーからはリレーのカチッカチという音がする。

さて、ウィンカーは機能したのだが、残念ながらハザードを使用するとこの格安リレーではウィンカーが点きっぱなしになってしまう。
ハザード対応リレーは特殊な回路が組まれているようだ。残念ながらこの格安リレーはお蔵入りとなる。

 

ウィンカーリレーは残念な結果に終わったため、シートカウルを組み付けてサグを出す。

サグというのは、ライダー重量に対応したサスペンションプリロードのことらしい。
(サスペンションフルストロークの3分の1くらいが適当らしい)
セッティングを出す際、このサグをベースにして硬め、柔らかめに振っていくそうだ。

恥ずかしながら、これまでサグというものを出したことが無く、適当にプリロードをいじってたのだが、折角なので今回はちゃんとサグを出してみる。

リアのアクスルシャフトからシートカウルの目印までの距離を測る。

幸い、ジャッキアップで後輪をフリーにできるので、サスが伸びきる状態にして無荷重状態を測る。

カーボンシールの先っぽを目印にし、無荷重状態でおおよそ645mm。

そしてこちらが乗車状態で605mm。
40mm動いていることがわかる。

ナイトロンの説明書によると、25~35mmが適当らしい。
そのため、もうちょっとプリロードを固める必要がある。

 

付属のプリロード調整工具でプリロードアジャスターをまわす。

一見堅牢そうなこの工具だが、ライダーが乗らない車体荷重状態ですらプリロードアジャスターをまわすのに曲がってしまったため、ジャッキアップして無荷重状態にしてやる必要があったwww

付属工具なのにこんな弱いものなのか・・・

調整して615mm
ストロークは30mmなのでとりあえずサグはこれでいいでしょう←

 

こんな姿勢で測るマン

折角フルード交換工具を持ってきたので、フロントのフルードも交換して終了!

車体カラーの浅葱色に合わせ、「もうサスペンションはこれしかねぇ!!」と思っていた念願のナイトロンサスペンション。
お店に任せればお手軽に装着できたのだが、いずれOHしたりするのに外す度にお店にお願いしていたら工賃がもったいないため、今回初めてサスペンション交換に挑戦してみた。
エキパイはずしが必要であったら確実にお店にお願いコースだったが、外す必要がなくても交換できたので次回外す際も自分でやることになるだろう☆

装着後、さっそく近所の音パや野呂山を試走してきたのでインプレッションしてみる ٩( 'ù' )و

インプレッション

・平地走行に関しては純正とさほど変わらなかったが、伸び減衰を2段階強めたところ、かなりしなやかな乗り味に!(最強から4段ゆるめ
・コーナリング中の安定感は純正とは雲泥の差。特に、コーナー脱出時の加速、タイヤにトラクションがかかる瞬間がすごい!ラインがぶれず、車体を操っている感がより楽しめるようになる。
・急加速時、純正ではガタガタガタと振動が気になっていたが、このサスではしなやかに加速でき、ストレスが少なく、楽しい!!


NITRONナイトロン/リアサスペンションモノショック NTR R1 シリーズ

NITRONナイトロン/リアサスペンションモノショック NTR R1 シリーズ GSX-S1000

早くツーリングに行ってみたくなる(☝ ՞ਊ ՞)☝

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1ヶ月広島男 | トップ | 日本一周の勇姿 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます (さかか)
2016-10-31 14:26:14
お揃いですね。
暖かくなったらおすすめのコースあるので、ご一緒しましせんか?
おめでとうございます (コーヂ)
2016-10-31 17:29:46
エキゾーストを外さずでのリヤサス交換、お見事でした。
勉強になります。
Unknown (ツバサ)
2016-10-31 20:10:47
さかきさん:

乗せてもらうまでは悩んでたんですが、乗って分かる良さがありましたね(笑
是非お願いします♪

コーヂさん:

今回不注意でテールガシャンしてしまいましたが、お弁当箱下からジャッキしてメンテスタンドをかければ、サスを外しても安全に車体の上げ下げができそうです(笑
参考になれば幸いですmm
Unknown (はなび)
2016-10-31 22:50:06
お久しぶりっす
リアフェンダーはご愁傷様でした…
(´・ω・`)
相変わらずのオリジナルバイクに仕上がってきてますね〜( ^ω^ )

今週中には広島入りするつもりなので、都合がいい日ってありますか?
Unknown (ツバサ)
2016-10-31 22:53:30
おひさしぶりです(笑
ど、どうせまた傷付くし・・・!(?)

前回のバイクに比べたらまだ外観そのままですけどねww

日曜日くらいしか空いてません・・(´`
あらあら・・・ (ひろさっち)
2016-11-01 22:32:46
mixiから辿って来たら・・・ついに交換されましたか・・・作業内容拝見しましたが・・・弁当箱外すのとたぶん作業時間大差無いような(笑)サグ出すんならナイトロンだとセミカスタマイズしたんでしたら最初は車高調整のところいじられたら良かったかと思います・・・自分はとりあえずフロントを出荷状態に戻してから走り出してますが・・・ノーマルでもリアサス付いてくるんでやっぱサス効果ありますね~・・・こっちは秋田なんで来年の春からぼちぼちサスいじってみますわぁ~
私の場合 (さかき)
2016-11-02 10:13:11
フロントが別物になったので、テクニクスで前後同時に現車持ち込みでお願いして全てセットしてもらいました。
リアサスは公道ならR1でいいと思います、性能的にはタレが早いくらいで体感ではわからないそうです、そのタレもショートサーキットで攻め込んだら出るかどうかのレベルらしいですよ。
フロントバネをシングルレートにする際は、私的には0.95は欲しいと思いました、それ以下だとブレーキきっちり使うと負けて入りすぎな感じでした。
Unknown (ツバサ)
2016-11-02 20:53:52
ひろさっちさん:
ようこそいらっしゃいました!
そんなにすばやくお弁当箱外せるんですか!?@@
私がやったら確実にジャッキ法の倍近くかかりそうです(笑

車高調整はよほどのことがない限り触らないほうが良いと聞いたことがあるんですが、人によりけりなんですかね?

フロントはまたOHの際にシングルレートスプリングを組み込む予定なので、そのときにまたセッティングを練ってみたいと思います♪
秋田県・・・寒そうです・・・(´`;)

さかきさん:
+4万でリザーブタンクはさすがに出せませんでした・・笑
R1でも十分恩恵は授かってますし、十分満足してます!

レートは柔らかすぎてもダメなんですね・・・@@
そうですね (さかき)
2016-11-03 00:26:10
ハンドリングも車体もSSと違う方向づけのマシンなのにキャリパーはGSX-Rや隼と同じで、強すぎる感じです。
純正パッドはバランスを考えたのか初期をあえて効きにくくしてますが、余計扱いにくくなってます。
柔らかいバネを使うならプレーキシステム自体を変更した方がいいかと思われます。
Unknown (ツバサ)
2016-11-03 20:59:26
ブレーキは硬いほうが好きなので必然的に硬めのバネになりそうですねw

コメントを投稿

GSX-S1000F」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL