はぐれ遍路のひとりごと

観ながら歩く年寄りのグダグダ紀行

この木なんの木 気になる木

2017-02-09 10:32:56 | その他
 この木なんの木 気になる木
 見たこともない 木ですから 
 見たこともない 種ができるでしょう

何てCMソングの替歌が口に出てきました。
清水山で老夫婦に取ってもらった実のその後を報告します。

1日目 山にて

 藪状の木の葉は細長くギザギザの鋸歯がない全縁で対生です。
 葉は榊(サカキ)や樒(シキミ)と似ているが、それよりは細長い。木の幹は見えなかった。 
   
1日目 山にて

 実は対に付いていて長さは10cmほどで、太さは太い所で2cmほど。

3日目12:00

 3日経っても変化なし。実が萎びてきたので枯れたかと思った。

3日目12:39

 実の裏側を見たら割れ目が入っていた。

4日目10:49

 割れ目が広がり中に白い線状の物が見えた

4日目14:40

 割れ目は更に広がり線状の物も幅が広くなり種も見えてきた。

4日目21:18

 最初の種が実から顔を出すと次の種も見えていた。白い束は膨らみをもってきた。

4日目21:22

 今まで遅かった進化の模様は早まってきて、見ていても種が外へ動くのも、白い束から外れた糸(?)が飛び出すのも分かる。

4日目21:42

 最初の種は糸?の先だけが莢に挟まっていたが、その上は丸く膨らんできた。
 それにしても純白な糸(?)は細いペン先で書いたように細く、とっても綺麗だ。 

4日目21:48

 2個目は糸の先が外れている部分が多く、種が外に出る前から糸が広がりだした。

4日目21:59

 2個が種は外に出たが糸の先っぽだけがさやに付いていて宙に浮かんだ状態になった。

4日目22:06

 次々と誕生?してきて最初の種はかろうじて糸同士でつながっているようだ。

4日目22:28

 種の重みで糸が離れて下に落ちていく。自然ではこのとき風に舞って飛んでいくのだろう。
 もう一つの実も割れ目が大きくなってなってきたが脱皮?は、まだ先のようなので諦めて寝る。 

5日目08:50

 翌朝朝2つ目の莢を見ると、種が3個ほど残して他は外に出ていた。一つの莢に12個の種が入っていた。


 散らばっていた種を集めて写す。

5日目08:50

 残っている種。種を取り出すと綿毛と言うか真綿の先を長く伸ばしたような繊細な糸が一気に開いて丸くなる。
 山で女性が強引に種を取り出した時は湿っているのか開かず、女性が手で広げようとしたが駄目だった。
 それが今は取り出した途端に丸く広がる。

5日目08:50

 空っぽの莢はカラカラに乾燥しているように見える。
 出てきた種は発芽するか分からないが蒔いておきます。

 清水山の木に小さな名札を付けて老夫婦に名前を伝えたいと思います。
                              「名前を教えてください」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤枝里山4山:烏帽子山 | トップ | 大崩山塊アドベンチャーハイク1 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガガイモ (moto)
2017-02-10 08:02:11
最近ブログ読ませていただいています。
行動力に驚いています。私も70歳台ですがとてもとてもです。種に興味がわき調べてみました。最初木の種だと思い調べてみましたがわかりません。飛ぶ種で調べましたらガガイモの種にそっくりです。木に巻き付いていたつるではないでしょうか。また、興味深く読ませていただきます。
motoさん (はぐれ)
2017-02-10 09:41:04
motoさんコメントありがとうございました。
早速ウイキペディアでガガイモの写真を確認しますと、
細長い実や細毛の付いた種はそっくりでした。
けど茎はツルだったかな? 違うような気がしますし、枝を折っても白い液は出ませんでした。
そして葉の形は 「心臓の葉の形」 とありますが、山で見た葉は細長い楕円で、草の葉というより木の葉という感じでした。
だいたい草なのか木なのかも本人がハッキリしてないのですから情けない話です。

motoさんも私と同じ70歳台ですか、なら脚力の衰えを感じているでしょうね。
私も悲しいかな最近はとみに行動範囲がせばまり、行きたい所にも行けなくなってきています。

どうぞまたお寄りください。ありがとうございました。
この木なんの木 (ロンリーハイカーRST)
2017-02-19 01:26:07
ブログ読んで頂きありがとうございます。
私は山で見かけた野草の名前ぐらい知りたいと思うようになって2年がたちましたが、未だに分からないものが多く、詳しい訳ではありません。ブログに載せているものも正しいのかどうか不安なものも多々あります。
さて写真の植物ですが・・・・・
実はカモメヅルみたいですが柄がしっかりしすぎてますし葉っぱも違います。
葉っぱはテイカカズラみたいですが、実の感じが違うような気がします。
・・・・・と言う事で、すいません、分かりません。
追伸 (ロンリーハイカーRST)
2017-02-19 01:55:28
写真の植物の続きです。場所が分かっていれば、気の長い話ですが、花を見れば同定が容易くなると思います。
経塚山のブログ見させて頂きましたが、清水山と経塚山の分岐から経塚山へ行った方にあるんですね。経塚山はまだ行った事がないのでいつか行こうと思っています。
ロンリーハイカーさん (はぐれ)
2017-02-19 09:25:45
情報ありがとうございました。
カモメヅルもテイカカズラのどちらも細長い実から綿毛を持った種が出てくるのは似ています。
ロンリーハイカーの仰る通り葉の形はテイカカズラの方はそっくりで、
実が対に付くのも同じですが、実の太さが違うように見えます。
どちらも蔓性のですが、私が見たのは蔓性ではなかっ長な気もしますが確かではありません。

花の時季には確認に行ってきます。ありがとうございました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL