韓国植毛をやるか悩んでる人にぜひ見て欲しいブログ~JPクリニック編~

飛行機も痛みも海外も苦手な私が1泊2日の韓国植毛をやった体験と経過のブログです。グローバルヘアーで1400株植えました

韓国植毛一日目:その2

2017-07-08 11:49:47 | 植毛日記
いよいよ手術室に入り準備になります。
ちなみに今回私が選んだコースは

ASオールシェービングFUEです。要するに丸坊主にしてFUE方式で移植するという事ですね。
他のコースや料金等はこちらのグローバルヘアーのHPを参照してください
↓↓

http://gh123.net/price/

坊主にするメリット

値段が安くなること、植毛後の手入れが楽なこと。
植毛後もしばらく散髪に行く必要がない。

あとお医者さん側からも坊主の方がよりムラがなくバランスよく植える事ができる気がします。
これは素人意見なのでわかりませんが

私は自営業で外に出る時も帽子をかぶればOKなのでこれにしました。

手術室に入ったらうつ伏せで看護師さん達にバリカンで頭を刈られます。
同時に血圧と採血と指にメーカーみたいなのを付けます。
すごい速さで手際が良かったです。
バリカンで剃った髪の方は少しムラがありましたが美容師じゃないんで許して下さいねと言ってました(笑)
しばらく誰かに見せる訳でもないんでまあ問題なし


準備ができたらチェ院長がきます。まずは睡眠麻酔を腕から入れます。5分ぐらい寝てその間に頭に麻酔を入れるそうです
通訳を通して説明をしてもらいながら麻酔をはじめていきました。

睡眠麻酔は気持ちいいと聞いていたんですが、想像以上にヘブンです。意識が異空間に飛びました(笑)
気持ち良すぎてなんかあうあう~とか変な言葉を喋ってたと思いますwww


そんなこんなで特に痛みはなく麻酔完了
睡眠麻酔のあまりの気持ちよさにしばらく放心状態でしたが、横向きになって株の採取を医院長がはじめます。
カウンセリングの時は気さくな感じだったチェ先生ですが手術中はかなり真面目というか
集中して空気感が変わります。

麻酔で感覚はないのですが、素早く確実にサクサクと刈り取ってるのがわかります。
痛みはないですが、やっぱりちょっと不安で変な気持ちです。

横向きで取れる場所が終わったら次はうつ伏せで更に採取。
2時間ほどでしょうか。体制は思ったより全然辛くなかったです。

ただ性格上小心者だから常に力を入れてて疲れたww
メンタル強めの方はぼけ~として寝たりすればほんと楽でしょうね。


あと常に力を入れてたから麻酔が普通の人よりきれるのが早かった

リラックスしてされるがままに…ってのがいいのは頭でわかってるけど中々ね
それでも時々チェ先生が痛くないですか?とか聞いてくれますし
通訳の方もちょくちょくきてくれて色々気を使ってくれて助かりましたよ

で、少し休憩を挟んでトイレに行きます。血が出すぎたのかクラッとします。


戻ったら次は副院長のムン先生が採取した毛をデザイン通りに植えてくれます。
JPクリニックは基本的にクオリティ維持のため

医院長が採取して副医院長が移植を担当。看護師はサポートのみです。
普通は移植の部分は看護師さん達がやったりします。)

それでも看護師さん達もムン先生が植えやすいようにグーーっと頭を抑えたり移植の毛を渡したりでかなり大変そうでした。
時間も限られる中で看護師とのコンビネーションも大切ですし一人で植えるのって今考えたらすごい

そんな中僕は寝てるだけで申し訳ねぇえ…なんて思ってました(笑)
でも想像以上に体力は使うし、緊張するし、緊張のせいで麻酔きれるしで大変ではあったんだよね…

それを見越してか終わり際にチェ医院長に「もう少しです。」「すごくがんばってますね。」と言ってくれました

渡米前は正直「ちょっとぐらい我慢せいや!」とか思われる事まで想像してたので嬉しかったです。
この言葉でやっぱりチェ先生は相手の気持ちにちゃんとなれる人なんだなぁと改めてしみじみ…

あと大事なのは痛い時は痛いとちゃんと伝えましょう!

中々いいにくい所はあります。実際、私もたまに我慢して余計に疲れました…

理由としては

・こんなに頑張ってるのに、流れを切ってしまうのではないか?
・もし「あーめんどくせえ」と思われたらどうしよう。
・痛いけどもう少し我慢すれば終わるかもしれない。


等ですね。特に文化の違う国で植毛でしてる身なので、嫌われたらどうしようと言う心理が強いんです

勿論、医師を信用してない訳ではないんですが(むしろ面会の段階でチェ先生をかなり信頼してる)
クリニックに身を任せるしかない以上どうしても気を使っちゃうんです…。僕みたいな性格だとね!!ww


しかし、JPクリニックはプロですから安心して下さい。
痛みが何度か続いたら言いましょう。麻酔を打ってくれます。
そしてまた痛くなったら言いましょう。長丁場ですから痛みを我慢しすぎるとよくないです

そんなこんなで14時からカウンセリングをして休憩をはさみ終わったのが20時。手術は5時間ぐらいかな?
術中にも色々相談や意見を聞いてくれて最終的に1400株を植える手術になりました。
採取中にドナーの具合や全体のバランス等もよく考えてくれて凄く満足いく手術になりました


最後に血をふき取りガーゼのようなものを後頭部と移植部につけてニット帽を着けてもらいました。
参鶏湯のお弁当も貰いました。タクシーで用意してもらったホテルに帰ります。(10分ぐらいの場所で600円ぐらい)

アテンダントさんと一旦お別れして軽くシャワーを浴びお弁当を食べて薬を飲んで就寝です。
麻酔がまだ効いてるみたいで頭部の感覚に違和感はありますが、痛みは少なく普通に寝ました

あと顏が腫れたりする恐れがあるんでホテルにあるペットボトル2本の水をガブ飲みしましたw

一日目終了

無事大切な一日が終わり、ほっとしたと同時に疲れがドットきました(笑)


そして明日は早くも帰国です。経過の画像もどんどんUPしていきますね
ランキングもよろぴく
にほんブログ村 健康ブログ 韓国植毛・韓国自毛植毛へにほんブログ村
『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国植毛一日目:その1 | トップ | 韓国旅行2日目:術後の画像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植毛日記」カテゴリの最新記事