銀杏かわら版

南陽市混声合唱団「銀杏」のコンサートや練習日などのお知らせを掲載します。
いつでも団員募集中!!!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

強化練習

2017-02-24 08:44:22 | Weblog
先日、銀杏の強化練習に参加させていただきました。

夜の通常練習が始まり、これで3回目。

指揮者の先生とはその都度連絡を取り合って打ち合わせをしています。

練習後に録音を聴くと、演奏中には分からなかったことにたくさん気付かされます。

本番までまだまだ伸びしろがあるということ!!素晴らしいです!!!

大人になってもこうして合唱ができるなんて、貴重な場だと思います。

それを発表するステージも。。。。。

幸せだ~~~~。



録音で気が付いたことと、解決策を私なりにメモしていきたいと思います。


☆まず、演奏のスピードについて☆

銀杏の「味」とも言える独特の時間の流れ。

ゆったりとそれを生かしつつも、やはり曲ごとに「メリハリ」があった方が聴き手は心地よいと思います。

なので、指揮者の求めるテンポや楽譜に書いてあるテンポを意識して歌ってみてはいかがでしょうか。


☆次に、発音について☆

演奏のスピードとも関係していますが、吐く息のスピードを上げて、かつ母音で言葉をつなぐように歌います。

そうすることで言葉やフレーズのつながりが長くなり、音楽がなめらかに流れます。


☆最後に、バランスについて☆

聴き手の耳は自然とメロディーを追います。

それを邪魔しないように、自分がメロディを歌っている時は意識的に出す。

それ以外のパートの時はメロディパートをよく聴いて支える役目を意識する。

きっと立体的な演奏になります。



では、具体的にどんな練習をすれば出来るか?

ブログで説明するのはとても難しいので、ぜひお声掛け下さい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 練習CD作りました | トップ | 本番終了! »

Weblog」カテゴリの最新記事