振り返ればずっと田舎暮らし。

猫を飼いたい、いつか必ず。

むっちゃ苦い思い出②

2017-06-16 14:42:34 | 日記

昨日の夜から腰が痒い

あんだけ、ダニ対策したのにもう噛まれたのかと

ダニよけスプレーをおもいっきし周りにかけて、ふて寝した

朝起きて、噛まれたとこを見たらやはり赤くなっている

しかし、その周りもいっぱい赤くなってるし、どうも虫に食われた跡が無い

湿布薬にかぶれたのかもしれない。

でも、この状態はもしかして・・・・・。皮膚科に行ってみよう

 

昨日の続き

仲の良いB子もC子も同じクラスだったので

ダブルデートの翌日は2人ともわちゃわちゃと楽しそうだった

それをさりげなく見てる自分。 もう、何も思わないようにしようと決めてたし

なにより、あきらめの早い性格なのでこれで良かったのだ

 

しかーーーーーーしぃぃぃぃぃぃぃ。(ひつこい!)

事件が起きたのはその何日後か忘れたが

しばらくたってからだった。

B子は次のデートもダブルでやるの、とか嬉しそうに話をしてて

そりゃぁ良かったねとか、返事してたんやけど

クラスにはD子という、もうすでにオバサン化してる姉御肌の女の子がいた

その子が私に個人的に話があると言ってきた

普段はグループに分かれてて、ほとんど個人的な話をしたことが無いのに

何だろうと思ったら、例の好きになりかけてたC君のご近所で幼馴染らしい

ここが、ほんまにしみじみ田舎やなぁと思う所。

 

D子が言うには、C君から話があって私と付き合いたいと言う。

私にどうするか聞いてくれとの事だった

 

どっしぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

 

何を今さら、ていうか何で今?

A子に告られて、ОKして付き合い始めたんじゃないのか!

D子によると4人仲良く遊んでいて、その時に私の話が出たらしい。

仲の良いB子が、話の流れで私もC君を気にしてたみたいな事を言ったんだと

なんて余計な事を!!

Eくんは、お前もてるなぁっとからかったらしいけど

後からB子から聞いたら、その時C君は急に静かになって考え込んでたって

あの時の野郎どもの態度は私のうぬぼれではなかったみたい。

すごいびっくりしたけど、嬉しかった。

でも、今のこの状態で私は飛び上がって喜べるわけがない。

A子とはずっと同じクラスでいなきゃならないし、

抜け駆けされたとはいえ、思いやりがありすごくやさしい子なのだ見た目も私より

全然可愛いし。

 

しばらく考えてほしいとD子にいわれたが、

私は、ホントに考えて考えて考えた。

親友のB子にだけは相談したが(あんたがいらん事いうから、こんなに悩まないかんようになったんやでと)

 

その後、私がどうしたかは 書かない。

 

①生まれて初めて好きな人に告白されて、舞い上がってしまい

 結局つきあった

②やっぱり、今更A子を傷つけるような事はできないとD子にきっぱり断ってもらった

 

①か②か好きな方をご想像下さい。

ヒントはこのブログの題名

 

ところで、スルーせずにしょうも無いおばはんの、しょうもない青春の思い出話を最後まで見てくれた方。

尊敬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むっちゃ苦い思い出 | トップ | センチメンタル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。