振り返ればずっと田舎暮らし。

猫を飼いたい、いつか必ず。

暑くても鍋焼きうどん

2017-06-18 17:15:19 | 日記

いきなり夏になりました、今日。

それなのに、お昼は鍋焼きうどん。

周りのお客さんはざるうどん、とか冷たい系を多く頼まれてたけど

うちは、二人ともに頑固に暖かいうどん。

お店はエアコン効いてて、最初は寒いくらいだったから丁度良かった

うどん県も西の方がワンランク上のうどんが揃ってる(個人の意見です)

麺はそれほど大きな違いは今はないけど

出汁がやっぱり違う。(個人の意見です)

一口目で幸せになる。

昔からやっているお店は、場所が変わっても、半端なく優しくて美味しい。

もちろん最近できたお店も、自分で取った出汁よりずっと美味しいけど。

やっぱり生まれ育った味があるのかなとも思う。

今日行ったお店は人気店なので、すぐに行列ができる

だから開店時間前に行って少し待つくらいで丁度良かった。

開店と同時にわらわらと車が駐車場に入ってきた。もう遅いよーっと。

そこで思い出したのが、うん十年前に東京へ遊びに行ったときのこと。

日本テレビ近くのホテルを予約して多分野球を見にいったような記憶が・・

お昼ご飯に近くの食堂にはいったのだが、さすが東京食堂と言っても結構な広さ。

そして、東京のうどんはどんなかなっと、かけうどんを頼んだ。

出てきたのは、(先に東京の人に謝っておきます、今は違うと思うから)

真っ黒けの出汁につかったおうどん。

はっきり言って麺の印象は全然残ってない、それぐらい出汁の色が衝撃だった

そして、その出汁の味が、多分かつをも、昆布もほとんどケチってるんじゃないかという位

しない。

単にお湯に濃口醤油と砂糖をいれただけの味に感じた。

非常にまずかったのを覚えてる。

人間て、結構悪い体験ばかりを記憶してるんやな(個人の感想です)。

でも、東京まで行ったのなら何で蕎麦を食べなかったんやろう。

今はそれが後悔

そう言えば、映画udonのモデルになった松井うどんが、なんといきなり東京進出のうわさが。

あそこのカレーうどんがスパイシーで美味しかったけど家からは遠かったので、何度もいけなかった。

香川のお店は閉店らしいので、もう食べられない。

あのままのおうどんが東京で食べられるのなら、多分すごく人気店になると思う。

東京住みの親戚に知らせなきゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« センチメンタル | トップ | 泳ぎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。