正助さんからのおたよりー2

正助さんでネットオークションやっています。
着物、お花、お菓子、旅の思い出、またサッカーなど
白子商店街を元気に!

タンスの中の着物はどうなっていますか?

2017-02-12 11:14:52 | 着物のいろいろ

   皆さん(60歳以上の方)が結婚なさるときに親が支度してくれた着物

   今タンスの中に眠ったままでしょうか、かびていませんか?

   最近ず~っとタンスを開けたことが無いと言う方が多いですね。

   着付けとかお茶のおけいことかで着物を活用していればいいのですが

   最近は結婚式くらいしか着物は着ないのかな~

   空気が乾燥しているこの時期に整理す方が多いのかな

   皆さん家を引っ越すとか建て直すとかで着物を処分するようです。

   子供たちに残そうとしてもほとんどいらないと言われ着物が可愛そうですが

   若い方の寸法や柄の好みが違ったり仕方がないですね。

   そんな時やはり親がせっかく作ってくれた着物類は捨てられないんですね。

   きものの長谷川では着物を買い取り、リサイクル着物としてまた利用させていただいております。

   それぞれの着物や帯などはどんなふうになるのか使う方のアイデアしだいで

   汚れた所を除き洋服や小物など、古い着物もまた蘇ります。

   買った時は高いお値段だったでしょうが

   古い着物の価値はどんどん下がってきていて残念です・・・・・。

ジャンル:
各業界情報
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つぼみがこんなに膨らんでき... | トップ | 晩ごはんのおかず! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (マサル)
2017-02-12 18:22:23
地元のスーパーで骨董市をしていて
そこで 藍染めの布団をバラした生地が
一番高い物で1枚5万円でした。
安くても1万円は超えてました。
今 職人さんに染めてもらったら そんな値段じゃできないよ。と言われました。
もはや 芸術品に見えました。


haseさんのところに来る着物も 次に買われた方が 何か他の物や 大切に使ってくださって
もう一度活躍できるといいですね。

とはいえ 私も 親が用意してくれて着てない着物あります。ごめん母よ許して
そうなんですよ~ (マーブルママ)
2017-02-12 22:09:13
親から買ってもらった着物がまさにタンスに眠っています。
しかもカビが生えていないか心配です。
でもなかなか手放せないですね。
母もきっと私より持ってると思いますが・・・
たまにタンスを開けてみてみないといけないですね。
暖かくなったら風通しをしないといけないでしょうね。
Unknown (shida)
2017-02-13 10:24:09
おはようございます。

あるあるですね。

親が居ない私は自分で全部用意しましたのでそれは大変でした。今はそういう時代でないから本当に良いなあ~と思います。

唯たんすの中に入ったままです。

暖かく成ったら見てみます。
おはようございます! (マサルさんへ)
2017-02-13 10:34:27
藍染の木綿生地は利用価値が上がっていますから
小さい切れはぎれでも物によっては1万円くらいはしますね。
かえって絹より木綿のほうが高いんですよ。
最近はゆかた生地でシャツを作る方が増えて価値が上がっています。
自分の着物ははさみを入れるのはちょっと勿体無く
加工ようにと古着を買いに来ますよ。

私も自分の着物は自分と娘が着られそうなのはとってありますが
他はだんだんに処分しています。
おはようございます! (マーブルママさんへ)
2017-02-13 10:37:38
洋服は毎回季節ごとに入れ替えしたりしますが
着物のたんすはほとんど開け閉めしてない方が多いです。
風をあてるようにしないとかびますね。
特に喪服や大島紬は点検したほうが良いですよ。
おはようございます! (shidaさんへ)
2017-02-13 10:41:32
私たちまでかな~箪笥や着物嫁入り道具としていたのは
今の娘さんはほとんど用意しないですね。

今お持ちの着物は風を入れたり点検なさったほうが良いと思います。

コメントを投稿

着物のいろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。