尚monaさんの自然日記

自然観察の写真。猫のこと。おいしい食べ物のこと。

第133回いずみの国の自然館クラブ観察会の下見。~松尾寺周辺~ 3

2016-10-12 22:53:06 | 自然観察

  こんばんは、尚monaです。

  引き続き、観察会の下見(松尾寺周辺)の様子です。

  イヌタデ(タデ科)が、見ごろです。

  

  

  

  

 

  同じくタデ科のサクラタデ。

  

  

  

 

  またまたタデ科のヤノネグサ。

  

  葉は卵型で基部は浅い心形(ハート型)で、やじりを連想させるので、

  矢の根草(ヤノネグサ)の和名が付けられたようです。

  

 

  花が終わり、小さな果実を付けていたコミカンソウ(ミカンソウ科)。

  

  和名は、果実が偏球形で、表面に小さなコブが密にある様子を「小さなミカン」にたとえたそうです。

  

 

  雨が止み、少し暖かくなったので飛び始めた、ヒメアカネ。

  

 

  放棄水田では、コケオトギリ(オトギリソウ科)が見ごろでした。

  

  

 

  ホウキギク(キク科)。

  

 

  わりと白いミゾソバ(タデ科)。

  

  

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第133回いずみの国の自然... | トップ | 第133回いずみの国の自然... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。