あまくさ人のひとりごち

あまくさ人のひとりごち、つまり独り言です。
撮りだめした写真も併せて載せます。

第1942回 茅ヶ崎で死亡事故 遺体は横須賀で

2012-01-21 20:36:36 | 関東
asahi.com(朝日新聞社):男性30キロ引きずる? 横須賀の駐車場、頭部ない遺体 - 社会


 20日午前8時20分ごろ、神奈川県横須賀市内川1丁目の建設会社「文化興業横須賀工場」従業員から「遺体のようなものがある」と110番通報があった。県警浦賀署員が駆けつけたところ、工場の敷地内にある駐車場で男性の遺体が見つかった。体には車で引きずられたような跡があり、頭部がなくなっていた。
 茅ケ崎署によると、同日午前2時半ごろ、駐車場から西に約30キロ離れた同県茅ケ崎市白浜町の国道134号で大型トラックに人がはねられた事故があった。このトラックの男性運転手(51)は「歩行者とぶつかった」と話している。現場で遺体は見つかっていないが、大量の血痕などがあったという。
 一方、浦賀署によると、遺体が発見される直前まで、駐車場には別の中型トラックが停車していた。このトラックの男性運転手(44)は「茅ケ崎市の事故現場を通った」と話しているという。
 同署は茅ケ崎市で男性が事故にあった後、別のトラックに引きずられて横須賀市まで運ばれた可能性が高いとみて、男性の身元の確認をしている。
 茅ケ崎市の現場は海岸沿いの直線道路で、片側2車線。トラックなどの交通量が多い。


遺体は茅ケ崎の男性会社員 神奈川・引きずり事故(朝日新聞) - goo ニュース

 神奈川県茅ケ崎市の国道で交通事故に遭った男性の遺体が、約30キロ離れた同県横須賀市内までトラックで引きずられたとみられる事件で、県警茅ケ崎署は21日、男性は茅ケ崎市円蔵2丁目の会社員大沢純さん(42)と発表した。 


いやな事故だなあ。
ただトラックにはねられただけでなく、別のトラックに引きずられていったのだから。
その間、遺体はあたかも、ダイコンがおろし金にかけられているようなものだから・・・


きゃ〜


交通事故による死者数は減少傾向にあるとはいえ、やっぱり起こるものは起こる。


皆さんも、くれぐれも気をつけましょう。


ジャンル:
びっくり
キーワード
朝日新聞社
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 第1941回 壱岐の島どアホウ文化財 | トップ | 第1943回 八代亜紀の八代清流高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL