称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

富山の三大名物は、富山ブラックラーメン、鱒のすし、大日岳、と言っています。

2016/09/29(木) 政治活動費不正に立山の神様が怒る!?

2016-09-29 10:08:02 | 山登り
富山県東部の北アルプスで、微弱な地震が頻発している。東京の世田谷のセレブMさんからの情報では、富山県県会議員や市会議員の政治活動費不正を怒った立山の神様が地震を起こしている、と全国ネットのTVで流れていたそうだ。ネットを探したら、9月23日に富山地方気象台から次の資料が出ていた。「平成28年8月終わり頃から発生している富山県東部の地震活動について」その資料に、地震が発生している場所の地図があった。 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09.27(火) 大日平は秋晴れ、紅葉が始まる

2016-09-27 17:38:15 | 山登り
朝起きたら、空が青かった。しまった!、出遅れた!。急いで山の支度をして称名滝駐車場に向かった。09:15 称名滝駐車場を出発。10:45 大日平の岩階段をあがり、木道にとりつく。長いトレパンをはいて来たら、すごく暑かった。大日平の空は青い!。ナナカマドが赤く色づいてきている。青い空に黄色がまぶしい。青、赤、黄、緑、全ての色がそろっている。ベンチがたくさんあるところが、旧山荘前。これだけ空気が澄んで . . . 本文を読む
コメント

2016/09/25(日) 瀬戸蔵山

2016-09-25 19:54:42 | 山登り
秋晴れなら、嫁はんと室堂の草紅葉を見に行くつもりだった。ところが昨夜の予報で湿度が高く、朝の室堂ライブカメラでは雲がかかっていた。嫁はんに、大日平は?と聞いてみたら、しばらく山登りをしていないので足がついていきそうもないという。それじゃとりあえず瀬戸蔵山を登ってみようかと、出かけた。あわす野スキー場の駐車場では、ソバの花が盛り。気温は高くないのだが、湿気が激しくて、汗がダラダラと流れる。登山道の丸 . . . 本文を読む
コメント

2016/09/24(土) 尖山、桐朋アカデミーコンサート

2016-09-24 18:19:09 | 山登り
今日の午前中は天気が良くなりそうな予報が出ていた。午後からは、桐朋アカデミーオーケストラ特別演奏会に行きたいので、半日で帰ってこられる尖山に出かけた。横江の駅前に車を停めて、森の中を上がったのだが、しばらくぶりのため息が上がる。嫁はんは歯が痛いと、ちょっと遅れ気味。。尖山前の三叉路を過ぎたところで、トラックが足場をおろしていた。「何か作るの?」と聞いたら、頭の上にかかる送電線の工事があるので、足場 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09/23(金) 立山は紅葉らしいが、

2016-09-23 16:16:30 | 山登り
ここのところの長雨で、もう2週間も山登りをしていない。今日も立山ライブカメラには、雨で真っ白にガスっている室堂が見える。剣御前山荘のHPによると、室堂周辺のナナカマドは紅葉しているらしい。写真を拝借しました。室堂からながめた、大汝山・雄山の紅葉。写真の右には一の越、写真下のほうには一の越から雷鳥沢にぬける「神の道」が見えるところ。雷鳥沢キャンプ場から、剣御前(雲の中)を見上げた景色。おそらく、雷鳥 . . . 本文を読む
コメント

2016/09/18(土)~19(日) 嬬恋は雨だった・・

2016-09-19 16:38:11 | 山登り
しばらく休みがなかった嫁はんだが、この連休は休めるのでどこか行きたいという。富山県内は、西から来る台風のおかげで雨になるので、東の長野県か群馬県に行けばなんとかなるのじゃないかと、空いている宿を探して群馬県嬬恋にある休暇村嬬恋鹿沢に予約ができた。昨日は、富山を出発したときから土砂降り。。新潟、長野に入ればなんとかなるんじゃないかと期待したが、白馬八方のオリンピック道路は低い雲が垂れ込めていた。、軽 . . . 本文を読む
コメント

2016/09/16(金) 瀬戸蔵山・大品山でトイレの修理始まる

2016-09-16 20:31:07 | 山登り
静岡往復でくたびれた昨夜は、早寝をした。そしたら夜中に目がさえて、朝眠たかった。こういうときは、体を動かすと、リズムが戻ってくれる。ということで、お昼頃に瀬戸蔵山へ登った。肩の運動量を増したかったので、ステッキはダブル。山頂まで1時間20分かかって登ったが、誰とも出会わない。今日は無人かな?と思いながら、瀬戸蔵山山頂に着くと、トイレを修理していた。さらに別の人が、荷物をまとめて背負っているところだ . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09/15(木) 静岡往復 VOXYハイブリッドは燃費良好

2016-09-15 22:02:55 | 山登り
伊豆にある病院へ、入院している友人のお見舞いに行った。富山から静岡へ走るのは2回目だが、前回と違うのは時間を自由にかけられることだ。道草をしてくたびれたら、車で仮眠をすればよい、と思うと気が楽になる。9月14日(水)01:30 家を出発して、神岡経由で安房峠へ向かう。安房峠に近づくと、電光掲示板に「安房峠注意(大雨)」と出ていたが、通行止めではないのでそのまま進む。03:30 安房峠を通過。標高は . . . 本文を読む
コメント

2016.09.10(土) 大日岳。剣岳がとても綺麗だった

2016-09-10 20:06:03 | 山登り
台風が去って、今日だけは天気が良いらしい。嫁はんは、この週末は仕事で山はお休みだ。大日岳は9月1日に登ったが、大日平山荘のオリジナルバッチを買い忘れた。それで、2週間連続で大日岳に登った。06:00 家を出発。富山市内から称名駐車場へ向かう道は、東向きで、日の出直後の太陽が目に入ってまぶしい。それを知っているので、カバーグラスをかけて家を出た。07:05 称名滝駐車場を出発。07:20 大日岳登山 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09/06(火) 立山室堂の紅葉を前に、気になるニュース

2016-09-06 13:25:16 | 山登り
9月下旬になると、立山の室堂はすばらしい紅葉になる。雷鳥沢テント場と、雷鳥坂、剣御前雷鳥沢テント場へ下りる登山道特に美しいのは、新室堂乗越付近だ。雷鳥沢から新室堂乗越へ上がる道新室堂乗越から剣御前へ向かう道から見下ろす今年はぜひ晴れてほしいものだ。ところで、今日の北日本新聞に気になるニュースが載っておった。9月4日(日)に、新室堂乗越で、9月5日(月)に、室堂乗越で、大人のクマがいた、というものだ . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09/04(日) 瀬戸蔵山

2016-09-04 14:20:01 | 山登り
今日は午後から雨の予報が出ている。嫁はんは、天気の良い午前中にどこかに登りたい、という。それで短い時間に標高差を稼げる瀬戸蔵山へ出かけた。駐車場がある、あわす野スキー場はススキが穂を出して、秋を感じさせる。ススキといえば、今年の「中秋の名月」は9月15日だ。ただし満月は少し遅れて9月17日。何日か晴れが続いたのに、百間滑の水は盛大に流れていた。(驚)上流にある牛首谷の水量が増加しているから、だそう . . . 本文を読む
コメント

2016/09/01(木) 大日岳。崩落地の登山道が整備された

2016-09-01 19:56:30 | 山登り
台風一過。剣岳がきれいに見えるだろうと、大日岳に登った。今日から9月、称名ゲートの開門は7時。開門の20分前に着いてゲートの前に並んだ。早めに来たのは、ラジオ体操をするためだ。カーナビに録音したラジオ体操第1と第2を流して、車の横で体操をした。恥ずかしがっている場合ではない。じじくらいの年になると、ラジオ体操をするだけで、山登りのスピードが速くなる。07:00 ゲートが開き、称名駐車場に走る。07 . . . 本文を読む
コメント (8)

2016/08/28(日) 尖山

2016-08-28 13:05:03 | 山登り
今日は8月最後の日曜日だ。ずいぶん涼しく秋めいてきた。山の日から山登りしていない嫁はんが、どこかに登りたいという。高い山は午後から崩れそうなので、朝から尖山へ行った。横江から登山口をめざして歩いていたら、尖山から下りてきた白い車から、誰か下りてきた。ひさおさんだ。百間滑の沢登りの話など聞かせてもらった。ありがとうございました。今日は涼しかったので、スピードがずいぶん上がって、登山口から30分もかか . . . 本文を読む
コメント (4)

2016/08/23(火) 百間滑、瀬戸蔵山

2016-08-23 22:43:42 | 山登り
10日前に五色ヶ原日帰りをしてから、さえない天気が続いている。おかげで夜はよく眠れないし、足はなまってきたので、多少の雨を覚悟して、瀬戸蔵山へ登った。富山市内は入道雲が出ておったが、アルペン村を過ぎてからはどんよりとした雲り空で、細かな雨も降ってきた。あわす野スキー場まで来ると、ガスはかかっていたものの、割と明るくなった。11:50 あわす野スキー場を出発。百間滑は盛大に水が流れていて、子供なら簡 . . . 本文を読む
コメント (4)

2016/08/21(日) やせたら危険になったリュック

2016-08-21 20:21:13 | 山登り
オリンピックで日本が大活躍だ。うれしいことだ。銀メダルだった吉田選手には、お疲れさま、と言いたい。吉田選手のお母さんは、うちには銀が少ないからちょうどよい、と言ったとか。うまいことを言うなぁ。押し入れに、10年前に使っていたリュックが眠っていた。一時期はやった、背中とリュックの間にすき間が空いた、風通しがよいやつだ。久しぶりに使ってみようと、荷物を入れて担いでみた。するとどうだ。リュックの重心が背 . . . 本文を読む
コメント