称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2018/02/20(火) 尖山は原色

2018-02-20 21:08:06 | 山登り
午前中、嫁はんに頼まれた用事を済ませて、ちょうど12時に家を出て尖山へ。駐車場に積み上げた雪は、3メートルくらいの山になっておりました。靴下を重ね履きして、ウインドブレーカーを羽織って出発。今日の装備は、長靴、Wステッキ。久しぶりの尖山。横江の集落から水平道に上がるだけで、バテバテになる。足も重いし、手も重い。途中でスノーシュを履いた男性が2名下りてきた。ツボ足で大丈夫かと聞くと、充分です、と。尖 . . . 本文を読む
コメント

2018/02/16(金) 城ヶ平山 じじだけツボ足

2018-02-16 17:06:49 | 山登り
午前中に、嫁はんの軽四を車検に出しました。その帰りに寄り道して、城が平山へ登った。大岩の駐車場は、思っていたほどは雪がなくて、停めやすい。富山市内の大泉や根塚あたりのほうが、よっぽど残っています。重要な情報!。登山口にある大岩のトイレは、改装工事のため簡易トイレになります。登山口では、男性3人グループが、カンジキやスノーシューを履いておられるところだった。登山口からいきなり厚い雪が始まる。朝の冷え . . . 本文を読む
コメント

2018/02/13(火) たくさん積もった

2018-02-13 17:47:40 | 山登り
愛知県付近の同級生からのメールに、寒い日が続いているからゴルフはぼちぼち・・と書いてあった。することがないのなら、富山に来たら雪かきさせてあげるけど。(笑)富山市内は、今朝はいっぱい積もった。朝の6時半から車の雪落を始めた。一晩で40センチを超えていると思う。今シーズン一番ではなかろか。しかもしめった雪で、スコップが重い。お隣の車のアンテナが、雪の重みで折れてしまっていた。これだけ積もると、乗るの . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/02/11(日) 日石寺の護摩祈祷、チャッカマン

2018-02-11 20:42:42 | 山登り
嫁はんのお父さんから、チャッカマンを何とかして欲しいと頼まれた。チャッカマンの引き金がとても固くて、お父さんの力では着火できない。寒いのに石油ストーブに火をつけられないという。分解して、中に入っている固いバネを外したら、昔のようなやさしい引き金になった。もちろん自己責任です。今日は嫁はんが、城ヶ平山の登山口にある大岩山日石寺の護摩祈祷に行きたいという。雪が舞い散る大岩の駐車場に車を停めて、まずは登 . . . 本文を読む
コメント

2018/02/09(金) 確定申告

2018-02-09 20:39:22 | 山登り
昨夜、嫁はんの確定申告書を作った。毎年国税局のホームページで入力して印刷しているが、だんだん画面が改良されてわかりやすくなってきている。今年は気をつける事が2つあって、ひとつは、医療費の領収書を税務署に提出しなくなり、かわりに自宅で5年保管しないといけないこと。もうひとつは、昨年まではCICにあった確定申告会場は、今年から県民会館になるそうだ。朝10時、確定申告書を持って出発。家の近所の裏道には、 . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/02/07(水) 雪、よく降りますなぁ。。

2018-02-07 12:58:35 | 山登り
八王子のSさんからメールが来て、東京は良い天気だそうだ。昨日の朝。長靴の丈を超える深さの雪が、たっぷりと積もっておりました。嫁はんが出発する前に、車の雪を落としに行きます。車を少し動かしてから通路に雪を落とすと手早くできるのですが、借りている駐車場なので、通路に落とすわけにはいきません。とりあえず車の屋根の雪を落として、落とした雪は、嫁はんが出発してから用水に運びます。全部で3時間。冬の貴重なトレ . . . 本文を読む
コメント

2018/02/04(日) 体重60キロに戻った!

2018-02-04 16:38:44 | 山登り
親類が亡くなってから今日で5日目。昨日の葬儀には予想を上回る人々に来ていただき、小さな会場は椅子が足りなるほどだった。きっと故人も喜んでいることだろう。ありがたいことです。葬儀に集まった親類から、「じじさん、やせたね」と言われた。ギクッ!。やっぱり痩せすぎか・・(笑)それでも、体重は60キロに戻ったトコです。なぜ痩せたかというと・・・2年前の健康診断で悪玉コレステロールが高いと言われて、食事を変え . . . 本文を読む
コメント

2018/02/01(木) 快晴でしたが山はお休み

2018-02-01 22:34:07 | 山登り
今日は良い天気で、見る見るうちに雪が減って行った。いつもなら喜んで山に行くところなんだが、親類の不幸のお手伝いをしているので山はお休みした。そこで聞いた話。生前お世話になった人が、祭壇お供えする供物の件、たとえば、この供物の数に、富山県東部と西部で違いがあるという。西部は一対でお供えするので、同じ人の名札が2つ出る。東部は一対という考え方がないので、一人の名札は1つだけ。へ~、知らなかったよ。ちな . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/01/30(火) 富山は晴れました

2018-01-30 15:17:37 | 山登り
先週から続いた雪が一段落して、今日は青空が出た。道に積もった雪は、連日の氷点下と、車に押しつぶされてカチカチになっていた。それが今日の暖かさ(といっても2~3℃)でゆるみ、シャーベットになったので、スコップですくって用水に流すこと3時間。足や腰は山で鍛えているからどうってことはないのだが、肩が痛くなった。明日からはさらに気温が上がるようなので、もう雪かきをしなくても良いかな。城ヶ平山や尖山は、どん . . . 本文を読む
コメント

2016/01/27(土) ようやく氷点下をぬけた

2018-01-27 15:15:23 | 山登り
ちょうど一週間前に城ヶ平山に登ったのが、最後の山登り。あれから連日氷点下になり、雪が降り続いて、嫁はんが停めている融雪のない駐車場を、毎日2~3時間も雪かきしていた。おかげで、山ではできない上半身の運動になったぞ。昨日、じじの車のタイヤのあたりに、雪がこびりついているのを見つけた。見た目は柔らかそうな雪の塊に見えたのだが、石のように固くて、足で蹴飛ばしてもびくともしない。棒でつつき回し、少しずつ砕 . . . 本文を読む
コメント

2018/01/24(水) 寒波がきた

2018-01-24 16:21:17 | 山登り
夕方になってもベランダに積もった雪が溶けない。一日、氷点下だったようだ。尖山がある横江を通り過ぎて、もう少し行くと千垣だ。その千垣にライブカメラがある。今日の16時ころ。乾いた雪が白いまま圧雪になっていて、そうとう寒そうだ。今朝、嫁はんが7時半に会社へ出かけるというので、6時半に雪を落として、出発直前にもう一度雪を落とした。さらに嫁はんが出かけた後で、まわりの雪を用水に運んだら、尖山に3回登るほど . . . 本文を読む
コメント

2018/01/20(土) 大寒の城ヶ平山

2018-01-20 17:21:04 | 山登り
今日は大寒。暦の上では一番寒い頃だ。今日の嫁はんはお仕事。少し遅い冬休みで帰省している娘を連れて、城ヶ平山に登った。大寒だというのに、先日からの暖かさと雨で、雪はだいぶん溶けた。久しぶりの娘との登山で、じじは力が入ってしまい、かなりのハイペースで登った。最初の坂道を登り切って、旧集落に入ることにはバテバテ。。(笑)ゆっくりと登る2名の先行者。「ありがとうございます」と声をかけて追い越した。登山口か . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/01/16(火) 尖山

2018-01-16 17:19:32 | 山登り
朝、実家から「居間の電灯がつかない」とSOSがあった。2年前に買ったLED電灯で、壊れるには早すぎる・・・。「昼から行ってなんとかする」と返事をした。嫁はんに「今日は尖山に行って、帰りに実家へ寄る」と話したら、「ついでにお願い」と、丸を付けたスーパーのチラシをもらった。(笑)いつものスーパーは、実家に行く道沿いにあります。今日は忙しいぞ。富山市内にある家のまわりは、雪がいっぱい残っている。ところが . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/01/14(日) 立山眺めながら雪かき(笑)

2018-01-14 16:10:13 | 山登り
夕方4時にうちから見えた立山。雪を降らす雲は過ぎ去って、朝から快晴になった。山に行くにはうってつけの青空だったが、パリパリに凍り付いた道を運転するのは気が引ける。融雪のない嫁はんの駐車場が圧雪でガタガタになっていたので、スノーラッセルに乗せて、隣の空き地に運んだ。おおよそ100往復、2時間半かかってしまって、山に登るよりは、よっぽどくたびれた。来週は暖かくなるという予報がでているので、しばらく雪か . . . 本文を読む
コメント

2018/01/12(金) 田んぼでスノーシュ

2018-01-12 17:57:29 | 山登り
昨夜は雪が一段落したように見えていたが、今朝起きたら、さらに新雪が30センチほど積もっていた。富山市のアメダスの記録では、昨夜23時から日付をまたいで02時まで、かなり強い雪が降り積もったようだ。(ところが、芦峅寺では昨夜から1センチも降らなかったという)朝食を食べてから、外に出て車2台の雪落し。そのうち太陽が出てきたおかげで、雪は締まってカサが減りました。真っ白のバージンスノーになった田んぼに、 . . . 本文を読む
コメント (2)