桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

但木だってよ

2016-11-01 | Weblog
将棋の三浦不正疑惑問題で、将棋連盟は、その解明を元検事総長の但木敬一に委任したらしい。
あっちもこっちも、何か事があると辞め検に下駄を預けるけど、検察官ほど、人間として腐れた連中はいないと知らな過ぎるよ。
どの冤罪事件を見ても、明らかに無実と判る証拠を隠して、平然と「有罪だ」と主張している、そんな連中が、なぜ社会の不正を正せると言うのか。
こんな連中を信じる人たちは、余りにも無知過ぎる。どうせ何ってことも出来まいが、将棋ファンとして、但木敬一のお手並み拝見だね。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月も終わり | トップ | 控訴棄却 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。