桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

博多

2017-07-17 | Weblog



一昨夜のライブ前、そして、昨日の集まりの前、黒崎にファミリー一家を訪ねようとしたが、どちらも中途半端な時間しかなくて断念。代わりに気になる場所を散策した。
大濠公園の福岡城と筥崎宮に行ったが、何だか四国で歩いたのがクセになってしまったようだ。
大濠公園は池の水の綺麗さに感動した。大きな鯉から小魚まで、沢山泳いでいた。
大濠公園と言えば、俺が野球に興味を持った切っ掛けとなった、今は無い平和台球場だ。巨人対西鉄の日本シリーズ。あのときに巨人が勝っていたらば、俺は西鉄ファンになっていたろうか?強者どもの夢の跡も見て来た。
福岡城は、予想以上に広大だった。福岡城の天守台は資料が存在しなくて存否が論争されているそうだが、天守台の構造は安土城に似ていて壮大だし、周囲を圧する建物だったろうと想像出来た。
大濠公園からはバスで筥崎宮へ、
今日の集まりの会場に近いことで見学地に選んだが、海の近くに建つ筥崎宮は千年ほど前の創建だそうで、橿原神宮のような空虚感はなくて、
かなり存在感があった。
しかし、その社にある文字が、敵国降伏、とあるのには参った。
7年ほど前にも尋ねたい民医連の病院会議室話した後、博多駅近くで懇親会だった。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も暑い! | トップ | 福岡三題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。