桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

杉サマ

2017-06-15 | Weblog
千葉刑務所にいたとき、何人かの芸能人が慰問に来たが、余り有名な人は来なかった。昔は売れた歌手や売れる前の歌手などが来るたけだった。
芸能人と興行を仕切るヤクザとの関係は、知る人ぞ知る。今は、その関係が明らかになると大騒ぎになって大変だが、その昔は公然だった。
だから、ヤクザ、暴力団員の親分クラスが入っている刑務所には、有名な芸能人が慰問に行くが、その筋の受刑者の少ない刑務所には、ほとんど有名芸能人は行かない。
刑務所慰問で有名な杉良太郎さんは、もちろん千葉刑務所などには来ない。俺が入っていたとき、杉良太郎が慰問活動に熱心だなど、聞いたこともなかった。
何でも、杉良太郎さんは法務省の特別矯正監とか、総監とかに任命されたそうで、その刑務官制服姿の写真を見る機会がある。先日の全国矯正展でも、その制服写真が報道された。
受刑者に寄り添う心は有り難いし、尊い。敬意を払うべき人だと思うが、話す内容に違和感を感じてならない。「犯罪被害者云々、犯罪被害者云々」と語るからだ。
確かに犯罪被害者と家族は、長く放置されて来たのが日本だ。理不尽に殺害された人の哀しみと痛み、愛する肉親を奪われた人々の苦悩と怒りは、まずは犯罪を犯した当人に「何をしたのか」を認識させ、その上で国家として傷付いた犯罪被害者の心を癒す対応を行うべきだ。
犯罪被害者の心を癒すことの必要は、俺も同感だが、それは矯正監の任務だろうか?
多くの刑務所を訪れているらしい杉良太郎さんならば、少しは刑務所の実態をご存知だろうが、日本の刑務所は、ただ管理、強制するばかりだ。犯罪者自身に考えさせ、罪を反省させるようなシステムは、どこにもない。
これは犯罪被害者にも同じことが言えた。少しは変わり始めたが、国家として犯罪被害者を助け、癒すシステムを作れていないのが日本だろう。
人が人である限りは過ちと犯す。犯罪は無くならない。だから、犯罪者を更生されることは、国家のシステムとして重要だろうに、ただ隔離して因果応報的な痛みを与えることしかない日本は、犯罪被害者に対するシステムを確立し得ないことも含めて不完全国家ではなかろうか。
杉良太郎さんが犯罪被害者に寄り添う心をお持ちなのは判ったが、ならば矯正監とは違う制服を着るべきだろう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪成立 | トップ | 裁判所前宣伝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。