桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

むかしもいまも

2017-08-13 | Weblog
俺の読書歴は土浦拘置所に始まり、これまでに多くの本を読んだが、もう読んだ本の中身を忘れたものも多い。
大好きな作家、山本周五郎の作品は、総てを読んでいて、その1つに「むかしもいまも」という短編があった。
山本周五郎は短編作品が素晴らしくて、「その木戸を通って」と題する作品を思い出すと、思うたびに悲しさと切なさ、人間の哀れさに胸に響く痛みを感じるほどだ。
むかしもいまもと題する作品にも感動したはずだが、もう
中身を忘れてしまった。
むかしもいまも、今、この言葉で思うのは警察だな。
昔も今も警察は変わらない。殴って蹴って痛め付けて、自分たちが犯人と思い込んだ人を自白させ、それで一件落着なのが警察だ。江戸時代から変わらないと言っても間違いではないだろう。
万引きを疑った中学生に対する取り調べ状況が、ICレコーディングによって明らかにされたが、だからと言って、警察の、なにが変わる訳ではない。
今日も明日も、日本全国の警察では、相変わらずの取り調べが行われて、毎日のように冤罪は作られる。
平和だねえ、日本は。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多忙 | トップ | ピースライブ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本と言えば (達也)
2017-08-20 13:01:28
私はイスラムのコーランと細木数子の本を買ってたりします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。