桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

憲法フェスティバル

2017-05-03 | Weblog


今日は5月3日、水戸でも恒例の憲法フェスティバルだった。
もう布川事件の訴えはなくなったが、救援会水戸支部は北陵クリニック事件を支援するために参加していることから、俺も、朝から参加した。
午前9時の集合前に会場に着いたが、もう近くの駐車場は満員。
憲法フェスティバルではなくて、ただ会場の千波湖で遊ぶ人も多かった。さすがにゴールデンウィーク。
快晴に恵まれて、準備した冷たいモノも良く売れた。売り子は、俺を「ジイジ」と呼ぶ4歳の葵。
救援会のテントでは、全国最年少の会員、朱音が、気鋭の女性弁護士と共謀罪での話。
中央舞台での、俺のメインは、水戸工業高校伝統のフルバンド、ブルービギナーズの演奏。
もう1人の売り子のアルトは小学校2年生。救援会水戸支部長の弁護士さんの息子だが、将来の夢は陸上のオリンピック選手だとか。「競争して俺が勝ったらば、1人で我が家に泊まりに来い」と競争したらば、最初は負けた😱2本目、3本目は、もちろん勝ち❗8歳に勝って喜んだ70歳でした✌1人での泊まりは拒否されました。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時の彼方に | トップ | 美しい日本 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
冤罪の早期解決を願って (佐伯明彦)
2017-05-04 06:47:27
先程、北陸クリニック事件の早期解決を、改めて私が信仰しております御神仏様に、ご祈願を申し上げました。また先日のテレビ再放送のリクエストも、早々にNHKに投書させて頂きましたので、以下に、その文面を紹介致します。「私の友人も、無罪なのに不当な判決を受けて戦っております。桜井さんの話によると、まだまだ世間に知られていない冤罪被害者が数多くいるとの事です。私も身近な人が冤罪に巻き込まれるまでは、こんなに冤罪被害者が多い事を知りませんでした。今回、放送された番組は冤罪の実態を世間に知らしめるために、大変、重要な番組であると存じますので、これからも、たびたび再放送をして頂きたく、出来ましたら、もっと大勢の人が見られる時間帯に再放送をして頂けるように、お願い申しあげます。」以上

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。