桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

虚構は得意だねぇ

2014-09-19 | Weblog
笑える話を知った。
木村拓哉演じる型破り検察官が、検察庁自身を含む悪に立ち向かって正義を実現するドラマの「HERO」が人気らしい。
その人気を利用して正義な生き方を学校教育の道徳に使おうと、フジテレビと文科省が一緒になって学校に、この番組を宣伝するのだと言う。虚構の作り話を以て道徳教育だとは、呆れるのを通り越して笑える。
さすがに、百田や曽野綾子と並ぶ存在の「御用聞きマスコミ」、フジ・産経グループだけあるし、靖国・天皇神話派の文部科学省大臣下村だけあるよね。
「HERO」に登場する久利生公平が、もし本当に検察官として存在して、ドラマのように正義を行おうとすれば、一体、どうなるだろうか。同じように行動して、同じように結果を残せると、この番組を観る人たちは思うのだろうか。
あり得ない。
もし久利生公平がいて、どこかの検察庁に存在したらば、たちまち左遷、そして「君には弁護士が向いている。弁護士になったらどうかね」と辞職を迫られるだろう。それが検察庁の現実だ。
検察庁と言う組織は、一度組織として決めた方針は、何があろうと変更しない。一度犯人だとして起訴したならば、徹底的に無実の証拠を隠し続けて「犯人だ、有罪だ」と主張する、腐った思考を持った人間の集まりなのだ。いや、それなりに正義観をもって検察官になるが、その正義観が腐ってしまう組織なのだ。
先般、裁判所が「証拠を捏造した」とまで指摘して再審開始の決定があった袴田事件で、今、検察庁が何をしているか、「HERO」を観て感動しているらしい人たちは知っているのだろうか。
検察庁は、その「決定」に抗い、見苦しいほどの抵抗をしている。袴田事件は、指摘された「5点の衣類の捏造」だけではなくて、「脱出裏木戸の鍵工作写真」(袴田さんが犯行後に裏木戸から脱出したとされ、その実験を警察官が行っている写真があり、脱出出来るように写っているが、裏木戸上部の鍵の辺りは写ってなくて、実際は鍵が掛かっていると抜け出せない。つまり、鍵を外して写真を撮る工作をしている)ことなどを含めて、多くの捏造がある。5点の衣類の味噌漬けなど、それを実験すれば簡単に捏造が明らかになるのに、ひたすらに「捏造ではない」と否定し、今も袴田さんを殺そうとしているのが検察庁だ。
虚構のドラマを道徳教育に使い、正義の検察庁の虚構を振り撒こうとは、頭だけは良い腐れ検察らしい考えだし、御用聞きマスコミらしい考えだが、あり得ない検察官を、あるかごとくに描いた虚構を道徳教育に使うなどはブラックジョークだよね。
言い出したのはフジテレビで文科省が乗った話だとあったが、きっと検察庁後援番組だろうし、フジテレビ接待の酒宴の席ででも、悪賢い検察首脳が「これを学校教育にどうかね」と示唆したことが始まりというのが真相ではなかろうか。
いやはや世も末だねぇ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう一丁! | トップ | 拝啓山谷国家公安委員長殿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。