桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

合葬祭

2016-10-17 | Weblog

昨日は、茨城県で革新的な活動をしていて亡くなられた方の合同慰霊祭だった。布川事件の支援でお世話になった方の葬儀に行けなかったこともあり、初めて参加したが、地の塩として活動された方々の経歴などを聞いて、こういう方々がいればこそ、日本社会の正義や平和が護られていることを再認識した。
茨城県の慰霊碑は、北山公園という場所にあるが、先の大震災で放棄された墓地や未修理の墓がある中、青空を背景に堂々たる自然石だ。
「遺影笑む
飛行機雲の
秋空に」
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九十九里 | トップ | 冤罪仲間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。