桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

豆腐

2016-11-08 | Weblog
先日、上諏訪へ行っての帰り、上野駅構内の蕎麦屋で夕飯を食べた。
時間があれば、駅階上のパンダ口の近くにある馴染みの「かよひ路」に行くのだが、あいにくと20分ほどの余裕しかなかった。
この蕎麦屋は、余り美味くなかった覚えがあって行かないことにしていたが、つい先日、腹が減ったし、少しだけ呑みたい気分で入ったところ、蕎麦の味か美味くなっていた。
まずは日本酒と盛り蕎麦を頼み「1番早く出るツマミは、何ですか?」と聞いた。定番の枝豆を勧められたが、冷凍だと興醒め。「冷奴は?」と言われたのに乗って注文した。
日本酒に冷奴、俺には珍しい取り合わせだが、飲み始めて、フッと親父のことが浮かんで来た。
「お父ちゃんは、良く豆腐を食べていたよ!」
俺が社会に帰って来たとき、父を知る支援者は、何度となく豆腐を食べて飲む父のことを話してくれた。
父も上野駅を利用して東京に来ていたはずだ。もしかすると、この店で日本酒と豆腐のときもあったのだろうかと考えたらば、少し胸が熱くなったなぁ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茗渓学園 | トップ | 竹馬の友 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。