桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

腐ってる

2017-05-16 | Weblog
大阪から戻り、国会前での共謀罪反対の座り込みに参加した。
僅か30分強の参加だったが、 発言した国会議員の話を聞いて、猛烈に創価学会に腹が立つた。
今日は法務委員会で参加人質問が行われたそうだが、公明党の議員は、配布されているビラに難癖を付けるなど、まともに法律に付いての質問をしなかったそうだ。
創価学会は過去に組織的な言論弾圧を行った。池田大作会長の醜聞や暴力団との繋がりなどを含めて、創価学会に纏わる闇は、数多の書物で取り上げられているが、今、日本を監視社会にする、最悪の法律が作られようとしているとき、創価学会・公明党が法律制定の先頭に立つのは、ゆえに当然ではある。創価学会が者監視の法律制定に動くのは、ある意味、必然なのだ。
創価学会は、自分たちの思想を絶対視して、他宗教を弾圧・攻撃するのを行動指針とする。そこから他の批判を許さない独善の言動が生まれる訳だが、創価学会がある信濃町を歩いてみれば、創価学会の本質が理解出来る。街には監視カメラが溢れ、創価学会批判を監視している。もし、そのような姿勢を示そうものならば、たちまち警備員が飛んで来るし、パトカーまでもが飛んで来るかもしれない。
創価学会・公明党は、自分たちが監視する立場として、共謀罪の生み出す監視社会では、却って自分たちの存在が安泰であると考えているのだ。だから先頭で旗を振る。
安倍晋三も許し難いが、創価学会も同じだ。絶対に許されないし、歴史の審判を受けるだろう。日蓮の法難に重ねて、自分たちが非難されることを団結の手法とする、実に厄介な疑似日蓮宗であり、宗教団体だが、歴史の審判では日蓮にはなれない。稀代の邪宗として断罪される。
創価学会の宗祖戸田氏が弾圧された治安維持法と同じ共謀罪だ。真面目に創価学会を信じている信者の声を聞きたいものだ。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釜ヶ崎ライブステージ | トップ | 日比谷野外音楽堂 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全く同感です。 (くるる)
2017-05-17 00:23:20
ニュースを見ていても答弁者自身が【共謀罪】の意味することや内容を全く理解してなく、立板に水のように紙面をただ読んでいるだけ(字が読めないのか?つっかえながら)。
今の日本は北朝鮮と同じなのだ。

創価学会員のカルトな信仰には呆れ果てると言うか…。
もう絶対にいない池田のジィさん拝んで何が楽しいのだろうか?何が救いになってるんだろうか?
親が学会員で、意思の無い子供の頃から洗脳されてる子を見ると不憫でならない。
一度洗脳された以上、カルト信仰は死ななきゃ治らないのだろーなぁ。(死んでも治らないか)

しかしながら
知識も読解力も無いのに(字もまともに読めない)【政治家】と言う名ばかりの地位にすがって、俺様気取りの輩達。
国民の心の言霊で片っ端から天罰を下れ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。