桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

10泊11日

2017-07-17 | Weblog
7日に学習院大学で話した後、九州、四国、また九州、そして東京の日程を終えて帰る特急だが、今日は成城大学。刑事訴訟法を学ぶ人たちに話をして来た。
俺は、自分の冤罪体験も話したいし、明日を作る若者たちに社会を変える意識を持って欲しいと願っているが、最も伝えたいのは人生は愉しい、生きる価値がある!と言うことだ。
成城大学の指宿先生は布川事件にも力を貸して下さるし、多くの冤罪事件を知った下さっているから、今日も俺の想いを引き出す質問をしてくれて、想いの丈を話して満ち足りた想いで終わった。
明日からは、少し休み。久しぶりに野球の練習だ、嬉しいなあ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡三題 | トップ | 鮫の脳は鮫の脳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。