桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

さて、どうなるやら

2017-06-18 | Weblog
今日になり、TBSから台本が届いているが判った。でも、どうした訳か、先日から俺のパソコンは「メモリー不足」だとかの表示が出るようになり、添付資料は開けなくなってしまい、何回やってもダメ。
連れ合いのパソコンに転送して、何とか見られたが、テレビ番組の題名が「世界・怒りの法廷」だから、俺の体験から可視化などの不充分さを怒りとして語る部分があった。
もちろん、橋下徹さんは捜査とのバランスだとか語るらしくて、そこには白熱議論とかの書き込みがある。
どうなるか判らないけど、ワクワクするなぁ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御用記者クラブ | トップ | 無事に終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事