桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

宝塚

2017-09-20 | Weblog
来月、宝塚市の主催する集会で話をする予定がある。
冤罪と人権と題する話だが、市の職員や教師などが参加するそうで、今回の関西行きでは、宝塚市の担当者と会って打ち合わせする予定も入っていた。
まあ打ち合わせと言ったところで、格別のはない。担当者に会ってみれば、どうやら俺を講師にしてはみたが、どんな話をするもか、一応聞いて確認しないと不安、そんな感じだった。
人権とは何か。1人の命こそ、社会であり、世界であり、社会や世界の総てと言うべき存在であることから、その命と命から為す言動が守られるべきこと。それが人権であることを、少しだけ話したが、判って下さったような担当者は、笑わせてやってください、と言って帰られた。
どんなことになるかは判らないが、当日が楽しみになる担当者との打ち合わせだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東尋坊

2017-09-20 | Weblog
今回は大好きな城跡以外にも気になっていた名勝も見て来た。
東尋坊。
昔、オヤジが行ったはずだが、陰鬱を感じさせる日本海と、そこの名勝。しかも、昔は自殺の名所であるとも聞いていたが、行ってみれば、申し訳ないが拍子抜けするくらいの断崖だったなあ。
台風一過のせいか、波は荒かったが、明るく自殺の名所とも思えなかった。
柱状節理が有名だし、その断崖が名勝たる所以だろうが、タモリさんとは違い、岩石にも無知な俺には、ちょっと変わった断崖の続く場所程度だったよ。
あれで曇った日に行けば印象がちがろうか?
観音堂は自殺者を追悼する物だろうが、壊れ始めていたのは、もう自殺する人もなくなったのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愚か

2017-09-20 | Weblog
日本の4つの島を消失される、とか、北朝鮮を破壊的に攻撃する、とか、各国の指導者が理性も知性も感じない発言を重ねるが、一昔前では考えられないことを語ったり、行ったりする政治指導者が増えた。
時代が人を生み出すのか、人が時代を創り出すのかは判らないが、人の命を弄ぶようなことが、平然と行われる時代になったのだろうか。
売り言葉に買い言葉、やられたらば、やり返せ!勇ましくて頼りになる
と思うのが人間なのか、各国の指導者を選ぶ国民が、今の世界を創り出していることは間違いない。
我が国でも、息をするように嘘を語ると言われ、虚言を弄する安倍晋三が支持されて政権を担っているが、モリカケ問題を清算して政権を維持し、憲法改正を目論んで総選挙が行われると報じられた。
民進党が離党者や山尾さん問題で混迷し、小池新党が確立する前に総選挙をすれば、多少は負けても改憲に持ち込める算段だとか。
政治に私心を持ち込んで公共財産を友人に引き渡せるように力添えする、政治家として最悪の犯罪行為だろうが、政治が1部の特殊能力者が行う、特別のモノとでも思うのだろうか、日本国民は政治家の犯罪行為に甘い。政治を金儲け業と考えている自民党政治家の犯罪行為が、辞職や入院で、簡単に見逃される現実を見ていると、国民の力こそ、正義と真実を体現し、道理の通じる社会を創る力だと確信する俺だが、愚民だなあ、と落胆する思いになることが度々だ。
人間は、何のために産まれて生きるのか、改めて哲学的考察が問われる時代なのかも知れない。人間は人と人との間で、お互いに命を尊重し合い、毎日を生き甲斐ある時間として、その定められた命を全うすべき存在だろう。個々の命や存在価値に貴賤はない。誰もが大切にされるべき命だもの。
ヒットラー大好きの麻生太郎もいる自民党だが、あのヒットラーも国民が選んだ。人間は愚かさも、危うさも持っている。後世に嘲いを受ける
時代だけは創らないようにしたいよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

余禄

2017-09-20 | Weblog

安土城跡を見に行って驚いたのは、見学料金を取られたことだ。
歴史的建造物跡だもの、国や県の管理下で守られていると思っていたらば、「摠見寺の所有地、その好意で見学云々」とあった。
信長が光秀に討たれたとき、安土城も焼失したが、光秀軍か織田信雄の誤った放火と言わせているそうだけども、そのときに摠見寺は焼失を免れたらしい。三重塔と山門は、創建当時のままに建っていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代

2017-09-20 | Weblog




何時か行きたいと思っている場所は、日本全国にあるが、今回、大阪に来て念願を達成する地に定めたのは、小谷城跡と安土城跡だ。
滅ぼした方と滅ぼされた方、両方を同時に見に行った。
小谷城跡は、やはり破壊された城だけに遺されたものは少ないが、戦いの時代に築かれた城であることが判った。
その点、安土城跡は、権勢を誇る城だったことが、遺された石積み、石垣で判る。天守閣の華やかさだけが言われているが、山の麓に作られた大きな石垣に載る山門。更に、信長が館と天守閣に上る直線の石段。両側に建つ秀吉など、家臣の屋敷が並び、その頂点に聳え立つ華やかな天守閣を想像したらば、その絢爛豪華は、さぞかし!と想像出来た。
安土城は覇者の城。
草生す小谷城跡の本丸御殿跡。
木々に覆われながらも石垣に守られた安土城の本丸御殿跡。
どちらにも過ぎて歴史となった時代を味わった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だんじり祭り

2017-09-18 | Weblog
プロ野球界のヒーロー、清原和博によって喧伝された岸和田のだんじり祭りだが、俺は、今年で何回目の見学だろうか。いや、見学は正しくない表現だ。確かにだんじり祭りを見たことはあるが、あまり見学しないで、法律事務所に集まる皆さんと飲んで話して過ごすだけだからだ。
今年も!
冤罪をなくす、社会の不正を正す、そういう想いの人たちが集まるのは、本当に楽しいよね。
今年は東住吉事件のボクさんも参加。俺が表現出来る範囲で、俺の想いを語り、伝えたつもりだが、本人を含めて、どのくらいに伝わったかなぁ。伝わっても伝わらなくてもいい。ボクさんも大事な冤罪仲間だからなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腹が立った

2017-09-15 | Weblog
釜ヶ崎には冤罪仲間がいる。
金沢で警察に陥れられた仲間だ。
経過は省くが、金沢の知っている弁護士さんが絡んだ冤罪だが、色々な経過があった後、警察、検察の証拠隠しが発覚して、金沢弁護士会が上げて闘うとなった。が、だ。
訴状を出したの、提訴したのと、本人にも訴状を見せない現状だと、今日、大阪に来て聞いた。
こういう闘いって、本人のモノだよね?
提訴の記者会見には、桜井さんも来て、と言われたとのことだから、俺は行く気が満々だったのに、何だか検察と手打ちして終わらせるシナリオで動いているように感じて不愉快だったなぁ。
証拠開示に付いては、裁判員制度が始まって基本的に開示することになったはずだが、腐れ検察は自分たちが不利な証拠は出さない、その基本的姿勢は変わらないのさ。
金沢弁護士会が、本人の意向を無視して、今後はしない!と口約束させて終わらせたらば、俺たちが許さない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜のクー

2017-09-15 | Weblog
少しずつ成長しているクーは、夜に、ベッドで遊ばなくなり、手や足と指を噛まなくなったと書いたが、昨夜は、以前に戻ったように噛まれたし、引っ掻かれた。
夜中、バタン!と言うか、コツン!と言うか、大きな音がした。クーがベッドから落ちたみたいな音だった。音の後、静かだったが、突然、左足に重さが来て指を噛まれた。何度も来るので布団で逃げたらば、今度は、布団の下に手を入れて左足を引っ搔く。
起きて「痛いよ!」とアタマを平手で叩いたらば、連れ合いのベッドへ行ったようだ。
その後も2回ほど、左足を噛んだり、引っ搔いたりされた。
朝になって、それを連れ合いに話したらば、全く知らなかったらしい。さすがに飼い慣れているよなぁ。
そして言うには、「アナタに落とされたと思ったんじゃないですか。だから、攻撃したのかも」と笑いやがる。
「動物は愛情ですから」だとさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続投

2017-09-14 | Weblog
高橋由伸監督の続投が報じられた。
3年契約での最終年になるが、続投する以上、頑張って欲しいものだ。基本的に、俺は高橋由伸監督に、監督の能力を感じない。これまでの2年間で、これが高橋由伸のやり方か!とか、これが高橋由伸の眼力での選手起用か!と思わされたことが、ほとんど無いからだ。
それどころか、選手の体調や力量を見抜く眼力の無さを感じることが多かった。
8月から坂本が不調に陥り、全く打てなくなったが、解説者は、誰もが疲れ、下半身の粘りの無さを指摘していたが、高橋由伸は「やって貰わなければ困る」だけだった。
力のある選手が力通りに働くならば、監督に苦労はない。力通りに働かないとき、どのように選手を起用してチームとして力を発揮させるかが監督の力量というものだろう。
もし、坂本に2、3ゲームの休養を与えたならば、きっと坂本は体調は回復させて打棒も復活させたに違いない。坂本を休ませることは、他の選手を使うということで、ベンチにいる選手のモチベーションも上がり、必ずやチームの士気をも上げたに違いない!
あれだけの選手がいれば、俺が監督をしても3位くらいになるさ。やるならば、来年こそ、高橋由伸らしい監督を期待してるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オスプレイ

2017-09-13 | Weblog
日本にオスプレイが配備されたとき、すぐに墜落事故を起こす危険が指摘された。指摘された通りに、良く墜ちるよな。
もう何回、墜落したろうか。 
アメリカの下僕、隷に成り下がった自民党政府は、オスプレイの機体がバラバラに破壊した墜落事故も不時着などと発表したりしているが、アメリカ本土では飛行出来ないと言われるだけあって、実に簡単に墜落する。
今、北朝鮮のミサイルを大騒ぎしている日本のマスコミだけど、オスプレイの方が、よほど危険だろうに。
先般、アメリカ軍は、オスプレイ機体には、何の異常もないと発表したが、何も異常がなくても墜落事故を重ねるんだからさ。
アントニオ猪木が北朝鮮に行って、アメリカ軍の核の傘の下にある日本や韓国に較べて、核の傘がない北朝鮮の不安を聞いて来たと言う。ならば、北朝鮮を攻撃する意思はないことを、政治家は交渉して伝えるべきだろう。それが政治家じゃないのか。
北朝鮮の脅威を騒ぎ立てて支持率に繋げようとする政治屋と、その力に阿るばかりのマスコミ。オスプレイよりらしい危うい存在価値だよな。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加