桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

類は友を

2016-06-23 | Weblog
参議院選挙が始まり野党統一に危機感を得てか、安倍は「野合」と批判するそうだ。憲法改正、明治憲法を復活させることに執念を燃やす安倍は、ここで負けたらば安倍政権も明治憲法復活も終止符だと判っているから必死だよな。
もし今度の参議院選挙で自民党と公明党、それに大阪維新などが憲法改正に必要な議席を得られなければ、もう安倍政権は終わる。安倍政権を支えるのはアベノミクス、ただ1つだが、もう万策尽きている。年金積立金を注ぎ込んだ株価維持も終わり、年金積立金が失われたならば、いくら見る目の無い安倍支持者だとて投票するはずがないからだ。だから安倍は「野合!」と喚く。
その批判に対して共産党は「自民党と公明党こそ、野合だ」と批判しているが、俺は自民党と公明党は野合ではないと思ってる。だって、安倍首相ほど、平然と嘘を語る政治屋はいかなかったし、公明党ほど、平然と嘘を語る組織もないからだ。自民党と公明党は同じ穴に住む同類項。嘘付き同士の必然的な結び付きだ!と俺は思っているよ。
仏教には「嘘も方便」なる言葉があるそうだが、日蓮宗に破門された創価学会の行う政治介入は目に余るし、権力側に立って学会を守る目的で手段を選ばない嘘を語り続ける公明党には、本当にへきへきする。真面目に日蓮宗を信じる創価学会の信者は、これで良いと思っているのかなぁ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

死刑

2016-06-23 | Weblog
俺は死刑制度に反対だ。死刑制度が重大犯罪に威嚇効果があって重大犯罪の抑制になっているとかの論は、千葉刑務所にいたときに聞いた殺しをした人たちの話では、ほとんど根拠が無いし、因果応報で報いを受けるべき犯罪者ではあっても、国家が人を殺す権利はないと思うからだ。
多くの国民は「死刑制度は必要」と思ってるそうだが、死刑制度によって犯罪抑制効果があると思う人たちは、今回の「死刑になって人生を終わらせたい」として人を殺した事件を、どう思うのだろうか。
人を殺して死刑になりたい、として殺人を犯した事件は、これまでにも何回もあったはずだ。
死にたければ自分で死ねば良いのに、他人の命を巻き添えにしてしまうなんて、本当に腹立たしいが、死刑制度があるゆえの事件が起きても死刑制度賛成者は沈黙するだけだ。
死刑制度問題は国の在り方として、ぜひとも検討すべきだと思うなぁ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

忘れ物

2016-06-21 | Weblog
今日は水戸駅前広場での集会とデモだった。
俺も参加し、スピーチをする予定だったが、それは時間不足で無し。
そのスピーチのときに、俺は、何時も通りに周囲を見回して警察がいないかと思っていたが、それらしき人はいなかった。しかし、集会に来た人ではない感じの人がいた、そこにICレコーダーがあった。
新聞記者が持っている物よりも、確実に性能が良さそうなレコーダーで「これは警備、公安警察の忘れ物?」と思ったが、どうかなぁ。
こういうレコーダーを取調官、警察官に持たせれば良いのだ。そして、警察官の関わる事件の総てを録音すれば、取り調べを監視する可視化は出来る。
さて、この録音器、誰の忘れ物かねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間は怖い

2016-06-20 | Weblog
日本会議の研究を読んだ。安倍首相を支えて個人の人権や自由を排除し、国家権力を中心として統制する日本を理想だとして、明治憲法国家を再現しようとするウルトラ保守集団が日本会議だ。
その組織の成り立ちや体制、活動実績、バックボーンなどを書いたのが「日本会議の研究」だが、成長の家を作った宗教家の思想に共感した若者たちによる新左翼運動に対抗した戦いに始まり、もう50年に近い活動が重ねられて憲法改正運動を中心に陣地を拡大して来たそうだ。
人間は忘れる。特に日本人は忘れ易い。何事があっても、それを乗り越えると言うか、記憶の彼方としてしまい、同じような過ちを繰り返す。
あの戦後でも「戦争中は良かった」と言う人はあったと聞く。どのような悲劇があろうとも、その悲劇の中で「美味しい想い」を味わう人はいるもので、その人たちにすれば悲劇は苦痛ではなくて、愉しさや喜び、安らぎであるのだろう。
日本は反省出来ない国家だ。日本国民だけではなくてアジア諸国の国民をも巻き込んだ戦争で何百万もの人たちの命を失う結果になったのに、なぜあの戦争を行ったのかに付いて、全く国家として検討しない。だから、未だに侵略だとか、侵略ではないとかの議論をしている始末だ。
日本会議の思想は、個人よりも国家、自由よりも統制にある。権力による監視と支配がなされた、あの明治憲法国家社会は、産まれながらの不平等社会だったはずだ。
この現代社会に不平等と差別や選別を生み出すとしか思うない明治憲法国家に戻そうとする、このような「思想運動」があることが、俺には理解出来ないが、それを良し!と思う人たちも人間。人間は怖いなぁと思うばかりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大成功!

2016-06-18 | Weblog
昨日の映画は、前回の「約束」とは違い、仲代達矢さんや樹木希林さんのようなネームバリューのある俳優さんは出演しないし、死刑2事件の映画だけに、どれだけの人が来てくれるものかと案じられたが、準備した資料に合う人数に来て頂けた。本当に良かった。
来て下さった方が、色々な思いを感じてくれたことは、皆さんが帰るときに掛けてくれた言葉で判ったが、ビックリするほどの募金額もあった。
「何か出来ることはありませんか?足利事件や布川事件から冤罪に興味を持って勉強してます」と声を掛けて来た茨城大学生になったばかりの女性もあって、
再審開始を得た袴田事件、獄死させられた名張事件の対比は、来て下さった皆さんに強烈なインパクトを残したようだ。
袴田秀子さんに来て頂いての映画だけに、多くの人に見て頂いて良かった。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

本日は映画会

2016-06-17 | Weblog
二人の死刑囚。
名張事件、袴田事件を描いた映画を、今日は、水戸文化センターで行う。
俺は、水戸に来てくれる、袴田秀子さんのインタビュー担当だ。だから、俺は、午後からの出番だが、連れ合いは事務局。午前10時の集合に行くということで、早々と会場に来た。
スタッフは20人近くいるので、始まれば準備は、すぐに終わってしまい、あとは開場待ち。
金曜日、どれだけの方が来てくれるかなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田中角栄

2016-06-15 | Weblog
今日は大宮での予定。夜なので時間があるから本屋に寄ったらば、アマゾンで頼もうとした「日本会議の研究」があった。
その他の本を見てあるいたらば、石原慎太郎の書いたのも含めて、田中角栄を讚美する本が、かなり並んでいた。
稀代の政治家として賞賛するらしい書籍類らしいが、俺は読む気になれないなぁ。確かに、人遣いは巧みで、満足に学校へ行かなかったのに高学歴の官僚たちを操った、その人身掌握術は歴史上の人物の豊臣秀吉を思わせて今太閤と持て囃された。俺は塀の中にいて、その時代も良く知らないが、成長期にあった日本を「日本列島改造論」を以て席巻したことは覚えている。それは巧拙の巧の部分であって、田中角栄には、絶対に忘れてはならない拙があったはずだ。
俺と角さんは獄友だ。東京拘置所で同じ釜の飯を食べた。と言っても、彼は「差し入れ弁当」。元総理大臣の威光で5百円だった差し入れ弁当を千円弁当も作らせたのだが、とにかく獄友だ。
なぜ獄友になったの?
いやロッキード事件は怪しいな。冤罪ではなかったのかなぁ、と俺は疑っている。それではなくて小佐野賢治と組んで、あちらこちらの国土を儲けの対象にした、稀代の政治屋であったことは、紛れもない事実ではないのか。
今、政界に溢れてる政治を金儲けにする輩の本家、本元が田中角栄であったはずだ。
この程度の政治家しか、日本には賞賛する政治家はいないのかなぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

存在意義

2016-06-15 | Weblog
事が怒るたびに、日本は「他人の不幸は蜜の味」とばかりに根掘り葉掘りの報道がなされる。
その報道をするマスコミだが、世界的には「自由がない」とされている。70位くらいだそうだ。要は権力に負けてしまい、自由に報道出来ないと評価されている訳だが、言われたマスコミは「報道すると逮捕されたり、殺害されるような国以下の評価はおかしい」と反発しているそうだ。
先日の東京新聞で赤川次郎さんが書いていたよ、「報道しても逮捕も殺されもしない国なのに報道しないことが自由の無さと評価されてるのだ」と。
本当だよなぁ。権力を批判すれば逮捕されたり、殺されもするような国でも、果敢に権力に対して批判の矢を射るマスコミがあるのに、まるで権力の代弁者のごときに成り下がる日本のマスコミ。
だから、1億火の玉!!などと言われた無謀な時代を作ったのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桝添騒動

2016-06-15 | Weblog
このところ騒がれていた桝添都知事の政治資金流用疑惑だが、今朝になって辞任での決着となったようだ。疑惑の中心となった木更津市の三日月ホテル宿泊での弁明は聞いていて笑えるほどだったよね。
家族旅行の宿泊部屋に人を招いて都知事出馬の談合をした、なんて、誰が信じるかよ。
家族旅行の旅費を政治資金で払っていたのは確実だろうが、正直に「政治資金を使いました、悔いて弁済しますし、以後は行いを正します」と正直に認めれば、もしかすると見逃す都民もあったろうに、作り話をでっち上げてしまってはアウトだよなぁ。
桝添自身がリオデジャネイロ・オリンピックに行かなければ、東京都が世界に笑い物になるとか、恥を晒すとか、最後の悪足掻きとなった「涙の弁明」は、長く笑い話として語られるだろうなぁ。だって、「お前が行く方が笑い話だし、恥晒しだろ!?」って話だもの。それも判らないほどに、なぜ都知事にしがみつくか?だけど、桝添は都民を甘く見てるよ、きっと。
だって、あの福島原発事故だって、まだ何も修復されていないし、汚染水すらも止められない状態なのに、たった4年で忘れてしまい、再稼働させるのが日本人。「微々たる政治資金流用なんて、3ヶ月先の9月になれば忘れてしまう」と目算していたのだろう。
自民党の政治家は政治で金儲けをする人たちなんだよ。別に、猪瀬や桝添が特別なんじゃない。
ここで桝添が辞任しても、桝添の疑惑は解明されていない。政治屋の本質を糺すためにも徹底的に追及しなければダメだよなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議なこと

2016-06-15 | Weblog
昨日、桝添騒動をブログに書こうかと思って開いたらば「ただいまメンテナス中」との表示。 フェイスブックと同じに開けなくなった。午後になったらば、それも表示されずに「エラー」となってしまい、無反応だ。パソコンを開いてみたが、こちらは昨年、杉山が亡くなったことを書いた後、編集にログイン出来なくなってしまい、パソコンからも、相変わらずにコミット出来ない状態だ。
フェイスブックもブログも断たれるなんて、誰かの仕業かな?と思い、対策を考えようとしたが、今朝になったらばブログだけは回復していた。
もう10年以上もブログをやっているが、こんなのは初めてだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加