桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

盗聴器

2016-12-08 | Weblog
今は警察が好きに携帯を盗聴する時代になったし、俺が想像する以上に盗聴器は多く利用されていると思っていた。
今朝は「議会控室に盗聴器」というニュースがあって、狙われるのは共産党だろうと思っていたらば、どうも保守径会派だったらしい。
今、水戸市議会には市民会館建設問題がある。
市内の京成デパートの対面地に建設し、道路の上空にデパートと会館を繋ぐ通路を建設したり、地下でも繋いだり、至れり尽くせりのサービスを京成デパートに行うのだとか?
その市民会館建設地には、伊勢迅と呼ばれり地元企業の旧京成デパートが建っていて、その取り壊し費用まで、市が負担するのだ。
総建設費用は300億。
共産党以外は、もちろん賛成だが、ポーズの好きな公明党辺りは「建設中止ではなくて、少し立ち止まって考えても良いのではないか」と言い始めた。
地震で壊れた市役所、県から譲り受けたスポーツセンター競技場の建設もあって、合計1千億円。その金は借金となって後世に残すというのだから呆れる。
市民会館は2500名を収容する規模だが、駐車場は300台。交通アクセスも市民の利用感覚も、全く無視した万里の長城的な会館に巨額を注ぎ込んで土木関係を潤して、そのおこぼれに預かろうという輩ばかりなのだ。
その水戸市議会に対する盗聴器。保守会派の反対寝返り対策か、それとも、常連警察の設置か?
嫌な時代だよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貰っちゃった!

2016-12-05 | Weblog
俺は水戸の赤塚駅から電車が乗るので、何時も座って来る。でも、何時でも「座って貰おう」と感じる人が来れば譲る。
今日も松戸駅で、そう感じる女性が来たので譲った。嬉しそうにしていたので、俺も嬉しかったが、何か袋のをゴソゴソしていたと思ったらば、「はい!食べて!」と柿の種。
素直に頂いたらば、次は煎餅。それは辞退したが、「甘いのはダメですか?」だって。
貰っちゃったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腐れた思考

2016-12-05 | Weblog
日本会議と言われる保守的な考えを持つ連中の集まりは、天皇と言う権威を中心とした国家を理想として、そこに従属すべきが国民であると思っている。
従属慣れというか、従属が理想の連中だから、アメリカ押し付け憲法を正せ!!と威勢は良いが、そのアメリカにも従属するばかりなのだから喜劇でしかない。
国民会議を支える雑誌は数多あるが、そこにあるのは韓国や中国などを見下した、実に傲慢な記事ばかりだ。中国な韓国などを揶揄し、罵倒し、「我が日本は偉大なり」とやって喜ぶ、その稚気には、それこれの雑誌の見出しを見るたびに哀れになる。
韓国は軍事政権を倒して民主主義を実現した国家だ。権威、権力に盲従することが人間であるかのように考える、前近代的な輩など、何が哀しくて韓国を批判出来るのだろうか。
今日も、その手の雑誌の見出しを読んでは、哀れたちの馬鹿さ加減にウンザリするばかりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再審・えん罪問題連絡会総会

2016-12-04 | Weblog
今日は再審・えん罪問題連絡会の総会だった。
昨日の出版記念パーティーは、その総会に併せた行事だったが、今日は再審を闘う事件の支援者や当事者が集まって会議だった。
東住吉事件や松橋事件に再審でも嬉しい判決や決定はあったが、まだまだ現実は厳しい。腐れ検察の抵抗は続いて証拠開示すらもままならない闘いが続く。
いかに突破すべきか、いかに闘うべきかなど、それぞれが語り合った。
昨日も思ったが、白鳥事件のあった60年前は、再審は開かずの扉。鉄壁だった。社会的にも冤罪は、有り得ないモノと思われていたが、いまや中学生が公民で勉強し、冤罪被害者の俺が県立高校の人権講座に講師として招かれるようになったのだ。
闘う人がいる限り、必ずや日本の司法は変え得る!!と確信している。
頑張らなくては!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出版記念パーティー

2016-12-04 | Weblog


昨日は、再審に新しい風を、と題する書籍の出版記念パーティーだった。
白鳥事件40年行事を行う中で、まだまだ再審を阻む検察との闘いが続くが、新しい風を起こそうと思う意志が集まって書籍を出版した。
俺も冤罪事件当事者として想いを書かせて貰ったが、検察の抵抗を許したままの社会を変えるために、これからも力を尽くす想いを持って参加した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝汗

2016-12-03 | Weblog
俺は寝汗をかく。
夏場などは大変で、シーツから、その下に敷いている抗酸化マットまで濡れてしまい、昨年だったか気が付いたらば抗酸化マットにカビみたいなのが発生していたほどだ。
冬場になれば、さすがに汗をかくことは無くなったが、今朝方は、久しぶりの寝汗だった。厚手のパジャマが濡れて身体が冷たくなったので着替えに起きたらば、それと判るほどに濡れていた。
変に喉に痰が絡むようだったし、声もおかしかったので風邪気味だったのかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カジノ法案

2016-12-02 | Weblog
カジノ法案が成立するとか。ギャンブルで地域振興とか言うけど、パチンコ始め、あらゆる公営ギャンブルの行われている日本で、これ以上に賭け事を増やして、どうしようと言うのだろうか。
その国会議員の思想の貧困さには情けなくなるが、公明党も賛成だと来ては、この宗教政党の腐れにも呆れて言葉がない。
日蓮宗から破門されてしまった組織だし、献金などが信心の高を決めると言う金基本の宗教団体だから、ギャンブル法案に賛成するのは必然かも知れないが、それによって身を持ち崩したり、人生を誤る人が生まれることを、この政党は、どう考えているのだろうか。国会の任務は国民生活を守ることにある。国民の命を守ることにある。
社会生活の手段でしかない金、通貨を最大の価値として考えるばかりの国会議員などに、果たして存在価値はあるだろうか。
日本の明日を描く政治哲学を持たない議員を国会に送り出す国民にこそ、本当は問題なのかも知れないが。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬タイヤ

2016-12-02 | Weblog
毎朝、カーテンを開けると、目の前の離れの屋根は霜で白い。水戸は冬になった。
今日はタイヤを交換して冬用にした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧友との夜

2016-12-01 | Weblog
昨夜は、同窓会で再会した小学生時代の友人と上野で飲んだ。
同窓会以来、いろいろと情報を交換しているうちに、彼は親友と呼んで良いくらいに、あれこれを一緒にやっていたことを思い出した。中学から転校したせいで記憶が薄れてしまったようだ。
小学生時代の写真を持って来た彼と、あれこれの思い出を話したが、刑務所にいて同級生に対する思いが強かった俺とは違い、すっかり同級生たちの名前を忘れているのには驚いた。
子供のころから勉強家だった彼は、今も大正大学で般若心経を学んでいるらしい。俺と同じに四国遍路を歩いてやり通したことで、それらの話でも盛り上がり、実に愉しい夜だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

給費金裁判

2016-11-30 | Weblog
司法修習生に修習中に資金が支払われなくなり、無収入で学び、研修する修習生たちの実情は大変なものがある。
一昨日に続いて、今日も裁判傍聴に行って修習生だった当時の話を聞いたが、思わず涙が湧いて来ることが、たびたびあった。
何百万もの借金をしなければ修習出来ないのは、全くおかしい。
そもそも修習は、実際に検察や裁判所に行って指導担当に教えられながら、実務を行う。これが無賃金とはブラック企業なみではないか。国家が、こんなことをして良いのか。
弁護士になって4年、未だに修習中の借金を返せない不安を抱えながら、子供も産まれて弱い者のために活動する若い弁護士の話には、胸が詰まった。
日本は変えなければ駄目だ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加