桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

魂を売った男

2017-06-25 | Weblog
今日は袴田事件の清水集会だった。
もう高裁に行って3年。馬鹿げた検察の主張を受け入れて、訳の判らない訴訟指揮をする裁判所。
その結果、再審開始決定につながったDNA鑑定の検証をすることになったが、検証鑑定をすることになった大阪歯科大学の鈴木廣一先生は、遅々として鑑定を行わなかった。
そして、中間報告として「再現不可能」とかの結果を公表してマスコミに報道させたから、どういうことかと心配した。
今日、弁護団の報告を聞けば、なんてことはない。
再現不可能とか言った中間報告だったが、鈴木廣一の鑑定再現検証でもDNAは検出したんだってさ。
何でマスコミは報道しないの?
流行りの忖度かねぇ。
強大な権力の検察の意向に従わないとまずい、我が社がリークを受けられなくなる、睨まれては困る、我が社にもレイプ記者がいるかも、そのときは目こぼしをして貰わなくては!なんてね。
マスコミも腐ったなぁ。
鈴木廣一は、あれこれと本田筑波大教授の鑑定結果に難癖を付けるが、DNAが検出した以上は、本田先生の鑑定が正しいことを証明したことになる。
日本大学法医学部名誉教授の押田茂実先生は、この袴田事件鑑定に付いて「誰がやっても同じ結果になる」と言っておられたが、その通りだった。なのに、DNAが出れば、後は素人でも犯人と袴田さんの違いを鑑定出来ることを、あれこれと語る鈴木廣一は、権力に魂を売った哀れな学者だ。
この男、天文館レイプ事件でも検察鑑定を引き受けて、無実の人のDNAが出た、と鑑定した。レイプ事件なのに、被害者の女性の膣から検出したDNAは「皮膚DNA」と言って恥じない男だ。
こんな輩がいる限り、冤罪者は泣かされるよなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若い心

2017-06-25 | Weblog
昨日は、大崎駅北出口・西口にある大崎ウエストギャラリーでの絵手紙展を見に行った。
大阪のマイ・ファミリーの中村千恵子さんが、泉南アスベスト裁判の闘いを71メートルに渡って描いた、1大絵巻物だ。
大阪でも見たが、一見の価値ある裁判の歴史だし、絵巻物だ。ぜひ皆さんも!
その後、代々木の塾に話をしに行った。
まだ十代で若者たちが自分の成功を目指して学ぶ塾らしいが、塾長は安倍晋三との関係を週刊誌に書かれたこともある存在だ。
立身出世を学ぶ塾?
ならば、なぜ俺の話なのか判らないが、求められたならば行くのが俺。
今回も、俺の冤罪体験と、それから知った社会の実態や改革すべき社会の仕組み、そして冤罪体験をしたからこそ、判ったり感じたりした人生に付いて話した。
質問が続き、1人ひとりが一緒の写真を撮りたいと望んでくれたことから、予定の時間が伸びてしまい、上野駅までの乗り換えはダッシュだった。
若い真っ直ぐの心は、どのように俺の話を聞いてくれたか判らないが、将来、それぞれが得た立ち位置で悩んだとき、「正義と真実に根差す行動をしたい」と考える力にして貰えたならば嬉しいが。
若い心して語り掛けられるのは有り難いと思った昨日だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別れ

2017-06-24 | Weblog
充分に生きたと思われる年齢の人が亡くなっても、その別れは哀しい。ましてや、若い命が消えてゆくのは、どこの誰あっても気の毒だし、さぞかしと別れの辛さを感じる。
昨日来、市川海老蔵夫人の小林麻央さんが他界したと、大きなニュースとして報道されている。
昨年の乳がん発病以来、何かと病状や動向が報道されていたし、何れは残念なことになるかも知れないと思っていたが、その日が来てしまったようだ。
本当にお気の毒とは思うがNHKまでが記者会見を中継のように放送したのには驚いた。
確かHHKは共謀罪法審議を放送しなかった。加計学園問題を巡る前文科省事務次官前川さんのインタビューを、最初に行いながら、それを今だに放送していない。
この落差は異様だ。
小林麻央さんの死が軽いは言わない。連れ合いの弟も40歳代で癌に犯されて他界して長いが、連れ合いは、麻央さんの他界を弟に重ねて傷みを蘇えらせていたようなのを見て、改めて命を失う哀しみを感じるし、その近親者の想いは、充分に判る。判るが、マスコミの使命を忘れたような落差を見せられると、あの狂気の戦争時代を招いたのは、こうしたマスコミがあってこその神風日本だったのだろうと思わされるよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

神話の国

2017-06-23 | Weblog
日本は神話の国だ。
日本という国土が作られた話から天皇が誕生して国家を形成した話に始まる、そもそもの国家の成り立ち話が神話であって、作り話。簡単に言えば嘘だから、そこに存在する総てが神話のような存在であるのは、ある意味で必然なのかも知れないな。
数年前に破れた原発神話、警察や検察、裁判所にある無謬神話、官庁などにある公正神話、政治にある誠実神話などなど、総ては虚構によって成り立っている。しかし、その虚構を見抜く人は、残念ながら多くはない。
命あるものは、必ず死ぬ。人も同じだ。必ず訪れる死の恐怖から生まれる生きていく不安を、人は常に抱えて生きている。
そこで生まれたのが信仰だろう。信仰に託して今を生きれば死の後に安らぎを得ると信じて生る不安を癒す。もちろん、信仰とて神話を免れないのが日本だ。
悪し様に他の行動を罵り、嘘を平然と語り、口先を繕う正義や公明を主張し、宗教に金を出せば生きて行く毎日にも利益があると欺して救いを求める人たから多額の献金を集め、
その金の力で社会に君臨して、この世を誑かす宗教も日本にはある。この宗教が作る政党なども神話的存在だ。虚構であり、嘘で成り立つ存在として神話だろう。
北朝鮮からミサイルが飛んで来たときの備えを自民党政府は、あれこれと放送するそうだが、実際にミサイルが発射されたならば防御すべき手段はない。ここでも神話的な嘘が公然と語られる。
石川県の知事さんは北朝鮮ミサイル問題に関連して、北朝鮮国民を餓死させろ!と語ったそうだが、北朝鮮ミサイルの恐怖は判るとしても、無知にも程がある。
もし北朝鮮ミサイルの発射が確認されたならば、日本に到達するのは、僅かに4、5分後だという。そして、日本本土が攻撃的されたならば、もちろん原発も攻撃されよう。
あの福島原発事故は、もしプールにあった使用済み核燃料が冷却水を失っていたならば東日本全体が廃墟になったと言われる。
石川県、福井県、新潟県と、北朝鮮に向かって存在する原発に、もし1発でもミサイルが命中したならば、もはや日本は中枢を失って国家として滅亡するかも知れない。
北朝鮮がミサイルを発射するということは、北朝鮮も相手から攻撃される覚悟を持った攻撃となろうが、ある意味、あの時代の日本にあった神風精神、玉砕覚悟の戦争になるのだ。誰も生き残れない戦争になるか、生き残っても住むことが出来ない国土になってしまうのに、戦争になったことを想定するような政治の言葉ほど、悪質で無責任なものはない。神話的な話ばかりが横行するのは、さすがに神話の国、日本だ。
政治は夢を語り、希望を描くものだ。1人ひとりの命が、この世に1度限りの奇跡の存在として大事にされ、誰もが才能と力を存分に発揮して生きられる社会を築くためにこそ、政治があるのだ。
神話の国、日本に、新しい神話を築こう!人の命を守り、正義や真実を守るための政治を築こう!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

付けるクスリはあるかなぁ

2017-06-22 | Weblog
石川県の知事さんが、「北朝鮮を兵糧攻めにして餓死させろ」とかの発言をして撤回した。
どこから考えて出た発言かは知らないが、少し考えれば、許さない発言だと判りそうなモノを、知事さんともあろう立場の人間が、かくも易々と暴言を口にするとは呆れるばかりするだ。
誰かも言っていたが、これが北朝鮮側の発言だったとして、日本人どう感じるかを考えれば、絶対にあり得ない発言なのは明白だろう。
それすらも弁えないのが県知事になったということだろうけれども、今日は埼玉県選出の自民党国会議員が、秘書に対して、凄まじいパワハラを行っていたことが報道された。この女性は東大から厚労省に入ったキャリア官僚だというから知能と人格は一致しないことを教えてくれる。しかし国から地方まで、政治家の質の劣化は、止まるところがないまでになってしまったようだ。
この連中に効能ある薬はないだろうが、こんな輩を選ぶ国民には、果たし薬があるのだろうか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

八方美人

2017-06-22 | Weblog
築地市場か豊洲市場か、小池知事の判断が示されたらば、何だか判らない、豊洲に移転して築地のブランドを守って生かす、とか語った。
全く具体的なことが語られなかったことを思うと、俺には、自民党政治家の何時もの手段かぁ?と思わされる。
安倍内閣、安倍晋三首相の常套手段は、議論をせずに強引に法律を作った後、「丁寧に説明をする」などと語り、全く何もしないで決着させる方法だ。戦争法しかり、共謀罪法しかりだ。
日本人は忘れっぽい。安倍晋三首相自身、何をしても国民は忘れてしまうから、一時的に批判が高まっても支持率が下がっても気にしない、と語っているとか。
ホントに国民は舐められているが、その通りだから仕方ない。
小池百合子知事も爪先から脳天まで、どっぷりと自民党政治家だ。安倍晋三首相を真似ないはずもない。
どっちも生かすごとき決断を示し、築地再興と言う5年後は、もう都民はオリンピックを経て忘れているから大丈夫!と計算しているのではないだろうか。
どっちを選んだとしても批判は免れない豊洲市場移転問題で、知事の苦渋は理解するが、食の安全確保が最重要な市場移転問題であることを考えると、やはり自民党政治家だなぁ、としか思えない。
さて、5年後、どうなるやら。
小池百合子さん、知事さんやってる?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富田林ライブ

2017-06-21 | Weblog
昨夜は、富田林の「マップカフェ」と呼ばれる店でライブだった。
不登校の生徒やマイノリティーに食事を食べさせる店だが、昨夜は、わざわざ大阪市内から来てくれた人も含めて25人くらいだった。
唄って話して1時間半くらい。新しい出会いもあって楽しい夜になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国策捜査

2017-06-20 | Weblog
森友学園に検察の捜査が入った。
国会が閉幕して安倍内閣の支持率が軒並み下がり、さて支持率を押し上げて差し上げましょうと来たかな。腐れ検察のやることは、総てに裏があって信用してはならないと思った方が正しいだろう。
この捜査だって、国民の多くは、籠池夫婦が補助金を騙し取った問題より、なぜ8億円も値引きされたのかに疑問を持っている。単に補助金詐欺だけの捜査では、安倍内閣救済捜査でしかない。
さて、どうなるやら。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

無事に終了

2017-06-19 | Weblog
昨夜の収録は、午後7時にスタジオに入り、打ち合わせをした後、8時過ぎからの出番と言われていたが、前の「アニータ」事件のアニータさんの話が長引いて、布川事件は9時過ぎからになった。
どんな内容になるかと案じていたが、冤罪に付いての真面目なモノになった。橋下徹さんの話すことも、1部は「だろうな」と思わされたけど、真剣に可視化や証拠開示問題を語り、初めは「橋下さん」と呼んだが
途中から先生と呼ぶことにしたほどだった。
ただ、言葉を添えるべきだった反省もある。
「再審裁判に付いては間違った裁判所などに関わらせるのは間違いだ」という話になったとき、「橋下先生は、政治家の立場もあるのだから、ぜひイニシアチブを取ってください」と言うべきだったのを逃がした。
29年の獄中生活、雪冤までに44年という長い体験は、橋下徹さんをして言葉を抑えてしまう重さがあるのだと感じた。劇団ひとりさんが、ひと言も発しないで終わったのは、やはり軽々に何かを言えない体験と中味だったのだろう。
多くの人が見るだろう番組で、それなりに俺の想いを語れたのは大満足。有り難い機会だった。
これが、どう編集されるかは判らないが、それなりに放送されるならぱ、きっと大きな闘いの力になるだろう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さて、どうなるやら

2017-06-18 | Weblog
今日になり、TBSから台本が届いているが判った。でも、どうした訳か、先日から俺のパソコンは「メモリー不足」だとかの表示が出るようになり、添付資料は開けなくなってしまい、何回やってもダメ。
連れ合いのパソコンに転送して、何とか見られたが、テレビ番組の題名が「世界・怒りの法廷」だから、俺の体験から可視化などの不充分さを怒りとして語る部分があった。
もちろん、橋下徹さんは捜査とのバランスだとか語るらしくて、そこには白熱議論とかの書き込みがある。
どうなるか判らないけど、ワクワクするなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加