忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

お花畑で

2017-03-19 | 日々

 四万十川河川敷の菜の花祭り会場で、「13年飼った犬が死んで、もう犬は飼わないと決めてたんだけど、さみしくて飼うことにしたの」。
 犬にとっても一緒に暮らせて、幸せ。着てるのは手編み?いいね。緋毛氈(ひもうせん)に覆われた会場入り口の縁台に座る私と同年代の女性?のそばを、犬は離れようとしない。
 今年見たどこよりも広く、きれいな菜の花。あちこちにそびえる太い落葉樹の枝には寄生木、青空と白い雲。緋毛氈の縁台も多くある。
 景色を楽しみながら、会場内を歩くことより、犬との出会いを優先した。園内は写真に撮り、運動のためには駐車場近くを歩き、角の取れた太い砂利石を音を立てながら踏みしめる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの頃があった | トップ | あと少し待てば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL