忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

ぬくもり見つけ

2017-03-05 | 追憶

 金属部分は錆(さ)び、灰も固まっているが、炭火を入れれば使用可能の珍品?あんか。町の発明家を想像させる。
 中にある半円形の金属容器に灰が入っていて、火を起こした炭を埋め暖房器具として使ったものだと、初めて見たが私の年代には分かる。
 縦、横、斜め、上下、置き方自由で、囲い込む木枠(250㍉×225㍉)がどこを向いても、暖房器具は水平を保つ優れもの。湯たんぽやこたつ代わりに布団を被せて使ったかも?
 子どもの頃私も、回して遊んだ化学玩具の地球ゴマ(宇宙ゴマ)と仕組みが似ているので調べてみると、地球ゴマ製造販売(日本)は1921年とのこと。どうやら地球ゴマをヒントにしたと思われる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関心との出会いは | トップ | 園児の頃から洗脳すれば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

追憶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL