忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

国による違法の勧め

2016-10-17 | 共に

 【 白紙領収書 違法明らかでは 】 上島町 女性( 71・主婦 )

 ◇私は義父母から受け継いだ古い小さなアパートを所有している。何しろ古いので修理費がかさむ。何度もやめようと思ったが、住んでくださる人がいる限りもう少し頑張ろうと思っている。
 ◇先日、国会中継を見ていていいことを思いついた。修繕をする時に業者から白紙の領収書をもらおう。そして金額を水増しして書こう。そうすれば経費で落とせるので、少しでも税金が安くなるはずだ。国会でも「領収書の発行者側の作成方法について規定はない」と偉い大臣が答弁しているのだから。
 ◇白紙の領収書ということは、支出を自在にできるということではないのか。これは明らかに違法だと思う。なんだか真面目に日々を送っていることがばかばかしくなる。そして、理不尽な国会中継に腹が立ち、見たくなくなる。でも、だからこそ私たちは国会から目をそらしてはいけない。それこそ政権の思うつぼで、何が決められるかわかったものではない。ちなみに、私には白紙の領収書をもらったり、税金をごまかしたりする悪知恵は断じてない。]
                                    《 こだま 読者の広場 》 地方紙「投稿欄」より

 ( 忘却への扉 ) 国会中継を聞くにも、良い時間帯は絶対多数の議席を占める自民党議員が占め、公明党並びに自民追随野党議員たちが、安倍晋三首相の喜びそうな言葉で、質問というより共感や応援の言葉を長々話すだけ。
 大勢の国民に議論の実態を見聞きしてもらうには、よりよい時間帯を、政権にとって都合の悪い質問や対案を出す、小政党に変更すべきだと以前から感じていた。
 野党側議員の質問に安倍首相をはじめ答弁に立つ側が、毎回、国民に知られたくない事柄に対し、曖昧な答えにならない同じ説明を繰り返し、質問する議員の時間泥棒をする場面も多すぎる。
 これで政権の閣僚か、国会議員と疑いを抱く場面も多い。今回明らかになった「白紙領収書」も政治とカネ問題では氷山の一角に過ぎない。
 国会議員や政党の政治とカネの違法行為は、政権閣僚が認める方法だとし、これまでも国会議員うちでは正当化され、まかり通る場にしてきたのである。
 一方、一般国民に対しては、国民総背番号制(マイナンバー制度)を押し付け税金を搾り取り、密告の勧めまで・・・。あまりに虫が良すぎはしないか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこで会ったか | トップ | 政府 ユネスコ分担金支払わず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL