忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

共謀罪 無関係な人も対象に

2017-04-03 | 平和を

 【 人の意識処罰「共謀罪」反対 】 松山市 女性( 58・主婦 )

 ◇犯罪行為がなくても「2人以上で計画した」だけで捜査対象とする「共謀罪」。安倍政権は今国会で成立させる方針だ。政府はこれまで共謀罪を「テロ等準備罪」としてきたが、当初条文に「テロ」の文字がなかった。前面に出していた「テロ対策」が口実に過ぎないことは明白である。
 ◇改正案は実質的な内容において当初案通りで、対象とする罪の数が減っただけである。刑法の基本原則は「犯罪行為は既遂の場合に処罰する」ということであり、外部に現れない思想や信条などを処罰してはならない。共謀罪は犯罪を計画した段階でも対象とするため、この原則に当てはまらないのではないか。結果として人の「意志」を処罰することになるのではないだろうか。
 ◇テロ計画には対処しなければならないが、そのためには通信傍受とか常時監視とかが必要だ。無関係な人も対象になりかねない、共謀罪には反対である。
                                    《 こだま 読者の広場 》 地方紙「投稿欄」より

 ( 忘却への扉 ) お礼がわりに何か1つでも買おうかと、トイレ利用で立ち寄ったコンビニのドアのそばにあった日刊ゲンダイ(3月29日付・140円)を手にした。
 週刊現代やウェブサイトから政治や原発記事に行くことは時にあるが、初めての日刊紙はかなり違う。カラーのおどる第1面に大きく、【 この政権は絶対に潰さなければならない 】【 日本中が森友学園化の懸念 】[籠池事件と教科書検定 表裏一体のおぞましさ][戦後史観を否定し戦前回帰を目指す極右勢力とべったり癒着の政権が着々進める教育現場の洗脳][森友疑獄の本質はさながらカルト化した強権政治の思想信条支配を許すかどうかだ]
 2ページに続いて[安倍政権がめざす「国家主義」を実践していた森友学園][「忖度」と「空気」に日本の教育が支配される]の題字。荒っぽい言葉にしり込みし、今夜(31日)まで放っていた。
 「安倍首相は著書「美しい国へ」で、〈教育の内容は、志ある国民を育て、品格ある国家をつくることだ〉と持論を展開している。これを実践していたのが森友学園だ。」(中略)
 「そんな籠池理事長が属しているのが日本会議大阪だ戦後史観を否定し戦前回帰を目指す極右勢力である「日本会議」の基本運動方針にはこう書いてある。
〈日本の感性をはぐくむ教育の創造を――教育に日本の伝統的感性を取り戻し、祖国への誇りと愛情を持った青少年を育成する〉
 これって安倍政権の目指す道徳教育と全く同じじゃないか。つまり日本会議とベッタリ癒着した政権が、日本の教育を〝森友化〟する構図なのである。] 共謀罪の裏に潜む凶暴さがが見えた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帽子の中から | トップ | 松島湾を、琵琶湖を埋めますか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

平和を」カテゴリの最新記事