忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

松島湾を、琵琶湖を埋めますか

2017-04-04 | 平和を

 【 地 軸 】 2017/3/31 地方紙1面下段コラムより

[ 基地から食べているんでしょ。国から復興策をもらえばいいんですよー。そうした国民の誤解が米軍基地問題の一番大きな壁だと沖縄県の翁長雄志知事は語った。先日の講演を聴いた時のこと。
 ▲誤った認識は多いという。例えば3千億円を超える沖縄振興予算。基地負担の見返りに上乗せされていると思われがちだが、違う。他県では各省庁が個別に予算計上する道路や学校の整備費などを、内閣府が一括計上しているだけ。
 ▲米軍占領下の27年間、各省庁に予算を要求することもできなかった。その延長線上に今なお続く沖縄だけの仕組みは、あまり知られていない。同じ日本の中の異なる制度の裏に、重い歴史を見る。
 ▲国は世界一危険とされる米軍普天間飛行場の唯一の移転先だとして、名護市辺野古沖の新基地建設工事を強行している。民意に基づいて阻止を訴える知事に全く耳を貸さず、はては菅義偉官房長官が、翁長氏個人に損害賠償を求めることもあり得ると圧力をかける。
 ▲巨大なコンクリートブロックが投入され続けている辺野古の海では、絶滅危惧種262種を含む5800種以上の生物が確認されている。そのうち1300種は新種の可能性があるのに学術調査もされないまま。
 ▲「国防のために松島湾を、琵琶湖を埋めますか」。知事は一緒に考えてほしいと静かに語りかけた。もし愛媛が同じ状況にあったら…春の光に輝く瀬戸内海の海を思い浮かべてみる。]

 ( 忘却への扉 ) 沖縄振興予算については私も誤解していた。国民に誤った認識を植え付けるのが、政府の狙いだったのか。
 日本で沖縄県だけの仕組みを改正せずにいるのは、ただ米国にノーと言わず、米軍基地を温存するため。米軍は日本を守るために沖縄に基地を置いているのではなく、世界への戦略的出撃基地として好都合の場所だからというだけだろう。沖縄にとっては大迷惑なこと。
 米軍基地拡大のために、松島湾や琵琶湖だけでなく、東京湾埋めますか、瀬戸内海埋めますかとなると、四国電力伊方核発電所大事故の際の放射能汚染の拡散と重なり、沖縄の声をより身近に感じる。核も軍事基地もない真の平和な日本がいい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪 無関係な人も対象に | トップ | 内心の自由を縛りたがる権力... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

平和を」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL