忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

私を排し公に徹する覚悟を

2017-05-18 | 共に

 【 地 軸 】 2017/5/13 地方紙1面下段コラムより

[ 「私に分かるように直さなければ、国民は誰も理解しないわよ」。元国語教師の妻は、25歳下の夫が準備した演説原稿の修正を求めた。その指導のかいがあったのだろう。夫は史上最年少でフランス大統領選に勝利し、妻は「ファーストレディー」になる。
 ▲大統領や首相の夫人を指すこの呼称。168年前、米国のマディソン元大統領のドリーム夫人の葬儀で「彼女は第一級の女性だった」と弔辞に読まれたのを機に、世界中に広まったとされる。
 ▲米国では「良き母」「良き妻」のシンボルとされ、ホワイトハウスでの仕事も多い。外国首脳のもてなしやクリスマスの飾りつけなどを仕切る伝統がある。だが、公的施設の「女主人」でありながら、法律には役割を含め何ら記されてはいない。
 ▲「夫から選出された、給料がもらえない公務員です」。半世紀前、ジョンソン元大統領のバード夫人はこう表現した。「私」を排して「公」に徹する覚悟がにじむ。
 ▲姿勢の違いにあぜんとする。日本の首相は「どこからも事例を受けていない」と強弁し、「夫人は私人」と閣議決定までした。森友学園への国有地売却を巡り、夫人の関与が取り沙汰されたためだ。夫人は沈黙を続け、疑問は消えない。
 ▲「逃げて歩いていたなら、自信は失われるばかり」。フランクリン・ルーズベルト米大統領の絵レノア夫人の言葉を届けたい。どこであれ、国民の理解を得るには丁寧な説明が不可欠なのだから。]

 ( 忘却への扉 ) 「夫人は私人」と閣議決定までして、安倍晋三首相夫人の森友学園国有地低額売却問題への関与の幕引き。安倍首相と夫人がらみの忖度(そんたく)で動いた摩訶不思議な事件もみけし。
 秘密保護法は国家に都合の悪い秘密を隠す法律。私人と言っても安倍晋三氏が首相である限り首相夫人であるのも事実と守られる。
 共謀罪だと時の政権の忖度に従い警察が犯罪だと決めれば一般人も罪になる?冤罪であってもそれを証明する方法も不明、敗戦前の治安維持法を想像。
 隠れんぼで自らと夫を守る気でいる夫人もだが、国民主権の日本であることを再認識し安倍首相にこそ[「私」を排して「公」に徹する覚悟]で政治を行ってほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語り継がねば | トップ | 共謀罪と憲法改悪阻止しよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL