勝手気ままにブログ

日記と写真

道の駅・許田から北東へ「沖縄美ら海水族館」にやってきました

2017年03月08日 10時03分49秒 | 日記、写真、旅行、

 

                                                                 

 

           ★

水族館入口手前になりますがかなりの暑さの為に涼をとる機器が稼働しおりひと時の涼を楽しみました。

 

           

 沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館で、管理・運営は一般財団法人沖縄美ら島財団。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清らしい海」という意味・・・と言う意味だそうです。

水族館では日本一で、ここ数年は若干ですが右肩上がりの数字を示し2015には約340万人の来場者でにぎわっている様子です。

大な水槽を泳ぐジンベエザメや別館のイルカショーが人気で、沖縄県一の観光地となっている。

 ★ここには世界一の技術が隠れおります。知る人ぞ知る水槽の制作技術なんです。巨大な水槽の水圧などなんのその観客に安心して見られる

水族館の製造技術は世界一です。継ぎ目のない全面の透明感は水槽の命と言うべき素晴らしい物です。巨大な3匹のジンベイサメが悠々と泳ぎ

まわっている姿には感動しました 

     

            

 

一番大きな「ジンタ」は身長8.5m、体重推定5,5トンでこれと同等なジンベイサメがこの水槽に合計3匹、更に大小さまざまな魚と一緒に回遊してい姿は私に限らず 来場の観客の方々も感動しきりでした。

 

ジンベイザメの歯は細かな歯が300本から350本くらいある・全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽。

 

その感動的な光景が一望できる巨大アクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもあります。サメやエイ、そのほか黒潮の回遊魚にも手が届きそうな感動と興奮をお楽しみください。


 ここの水槽は「黒潮の海」水槽と呼ばれ、水族館の1階から2階を貫く水槽は、長さ35m×幅27m、深さ10m、水量7,500m3で世界でも有数の大きさを誇る。観客と大水槽を隔てるアクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm、パネル総重量は135トン 

この「黒潮の海」水槽には、ジンベエザメをはじめとする大型のサメエイなどが回遊し、来館者の視界いっぱいに水槽が広がる雄大な光景を見せています。ジンベエザメは餌を採る際に口を水面に向け垂直の姿勢をとるが、成熟すれば全長9メートルに達するといわれるジンベエザメの尾が水底をこすらないように水槽の深さは10mとされたのである。

(上記資料はwikipedia)

            

各種、様々な魚が所狭しと回遊している姿は時間とともに目に入る姿は違ったバリエイションを見せてくれます。

 

 

           

 

 

           ★

 

 

            

 家族ずれの方が、今撮った写真がどんな写り方なのか確かめている風景です。水槽直前での撮影ではおそらくジンベイサメの体の半分もカメラの画面に入っていない

と思います。私が撮った写真は一番うしろの、ひな壇の最後方から撮ったものです。


           


          



                           

 

          

 

            

 

この写真は水槽の裏側で係りの方たちが餌を与える場所ともなっています。いつもここから餌を与える・・・と言う事はありません。時には、お客様に喜んで頂く為に

水着を着た飼育者の方が魚と一緒に泳いだり餌を与えるショーを開催しています。

 

 

            

絶滅した古代ザメ・メガロドン,

この巨大な歯型は今は無き「古代サメ・メガトロン」の歯形です。クジラと比較しても比べ物になりませんね。絶滅した全長16mもあるサメのアゴの復元模型を

展示しています。歯の標本も置いてあるので、そっと触って大きさを確かめてみました。人と対比して撮影すると大きさが分かりました。

 

 

                  

水槽の水槽の見物は十分とは言えないが先があるので海岸寄りにあるイルカのしょーを見たくて移動する事にしました。

 

 

                  

イルカの様々な演技で拍手喝采の連続でした。後日、このイルカショーのビデオをこのページに掲載をいたします。

          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米軍嘉手納空軍基地から高速... | トップ | 部瀬名岬の先端、ブセナ海中... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水族館 (furukawa)
2017-03-19 19:35:59
小生も訪れたことがありますが、これほどきれいな写真は撮れませんでした。改めて楽しませて頂きました。

コメントを投稿

日記、写真、旅行、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。