中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

まもなく始まるという韓国の文大統領の公約・・・日本に迷惑かけなければなんでもどうぞ

2017-05-31 15:12:37 | 日記





韓国でまもなく“徳政令”…借金帳消しは経済崩壊の序曲か

韓国で新大統領・文在寅(ムン・ジェイン)氏の選挙公約が実現に向け動き出した。そのひとつが借金棒引きの“徳政令” だ。100万円以下の借金を10年以上借り続ける人々を対象に、その借金と利息の全額を帳消しにするというもの。対象は43万7000人とされ、実現は簡単ではないが、実現した後にもいばらの道が待っていそうだ。(岡田敏彦)

現在、韓国には「国民幸せ基金」というものがある。かつての李明博(イ・ミョンバク)元大統領と朴槿恵(パク・クネ)前大統領の政権下で計画、実施されたもので、国民約280万人の債権を買い入れ、うち57万人の約6兆3000億ウォン(約6300億円)の元金と利子を減免するなど債務を調整する役割を担ってきた。恒常的に借金返済に追われる庶民を助けようという趣旨でできたシステムだ。

しかし、新たに大統領になった文氏は、この救済策を上回る「全額帳消し」を公約として大統領選に当選した。10年以上にわたって1000万ウォン(100万円)以下の借金を抱え、返済のままならない人々の借金を全額、国が肩代わりするというプランだ。東亜日報は、この公約実現に向けて「政府金融当局が本格的な検討に入った」と18日に報じた。
http://www.sankei.com/west/news/170528/wst1705280029-n1.html



借りた金を政府が方代わりしてくるという話、羨ましいというより心配になる。文大統領の公約は目玉が公務員81万人雇用というから今いる公務員とは別に雇用するのか現在の雇用と合わせた数字なのかは知らない。知らなくても私にはなんら関係ない事、そしてメインが朴さんのときも徳政令をやったし文さんも人気取り、政治家は時には国民に厳しい事も言わなければならないときもあると思うが、特に韓国の場合は日本に対してだけ強気に出れるが国民にはバラ色の生活を約束する事になる。

それもこれも日本政府が甘やかしてきた付けなのだが韓国国民はそのようには思っておらず日本を叱ってやったくらいにしか思っていない。おき楽な国民だと日本人から見ればそう思う。ただ、自国をヘル韓国と呼ぶように本当は大変な状況にあるのでは?と国民も気付いているのではないだろうか。現実逃避するために日本への罵倒を繰り返すのだろう。韓国は日本に対して慰安婦の次は徴用工問題だと言う、慰安婦問題は日本から見れば一応の決着を見たが徴用工は新しく韓国が見つけた次の餌であるのは確かである。

日本から見れば迷惑千万な話だが金になるなら妻でも売り払う韓国人、そういえば北朝鮮は秀吉の朝鮮出兵の賠償云々というのもあるらしい。そこで日本が元寇を持ち出して対馬の住人と北九州の住人を殺害したから賠償しろと言えるか・・・北朝鮮と同じ土俵に上がれるか、1000年前の話だからそんなもの知らん、秀吉の賠償しろ・・・という土俵に上がれるか。韓国人も北朝鮮人も同種の民族であり話が通じる相手ではないので丁寧に説明していくだけしか日本政府はできないだろう。だから韓国の無責任な国内政策で沈没する韓国には日本のあり方を説明するだけ、野党4党は首領様国が危険だから日本が助けろと政権に審議拒否というプレッシャーを浴びせるだろうが日本政府の忍耐に期待する。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口敬之氏レイプ疑惑 リテラの記事に「なんだろう・・この印象操作」という印象

2017-05-31 10:44:42 | 日記





レイプ被害告発会見に山口敬之が反論、その内容がヒドすぎる! 安倍応援団も詩織さんにセカンドレイプ攻撃
リテラ / 2017年5月30日 23時39分

「準強姦疑惑」の"安倍官邸御用ジャーナリスト"・山口敬之氏が、被害女性である詩織さん(28)の記者会見を受け、昨夜、自身のFacebookに「週刊新潮記事に関する会見について」と題する「反論」を投稿した。

 詩織さんは強い決意のもと、顔と本名を明らかにして記者会見にのぞんだのに対し、山口氏はFBに書き込むだけ。森友問題で籠池泰典前理事長が証人喚問を受けた際、昭恵夫人がFBでのみ反論したのと同じで、結局、社会にきちんと説明する気などさらさらないらしい。

中略

自民党と安倍首相は、今国会での共謀罪成立を最優先とし、4月6日に強引に衆院審議入りさせた。通常、国会では先に提出した法案から優先的に審議するので、これは異例のこと。そして、共謀罪に関連する議論の紛糾もあり、刑法改正法案はどんどん日程がずれ込んでいる状況なのである。

 ようは、ネトウヨたちは安倍首相のオトモダチである山口氏を擁護するためだけに、詩織さんが言ってもないことをでっち上げ、バッシングに明け暮れているのだ。何度でも繰り返すが、こうした山口氏の反論未満の言いがかりも、ネトウヨのバッシングも、完全に詩織さんに対するセカンドレイプに他ならない。本来、なすべきことは、性犯罪の卑劣な実態を直視し、そして権力による"もみ消し"の疑惑を徹底追及することだ。詩織さんは昨日の会見でこう語っている。

「私の一番の願いは、今後、同じ思いをする方が出てきてほしくはないということです。このことはあなたにも、ご家族にも友人にも誰にでも、起こりうることです。このまま沈黙し、法律や捜査のシステムを変えないのであれば、私たちはみなこの犯罪を許しているのと同じことではないでしょうか」

 安倍政権を忖度している捜査当局関係者とマスコミ関係者は、この言葉に真摯に向き合うべきだ。(編集部)
https://news.infoseek.co.jp/article/litera_6280/?p=1







リテラという雑誌は朝日新聞系の読み物と言う印象がある。そうではなかったら申し訳ないが朝日新聞は「アベの葬式は朝日が出す」とまで宣言した新聞社でその流を汲む雑誌社ならばこの記事はなるほどな~と思う。

山口さんが女性を酩酊状態にして嫌がるのにタクシーに乗せホテルへ直行、ホテル従業員ばかりではなく監視カメラにも写った状態で部屋に入り2つ取った部屋の一室しか使ってなかった。気が付けば山口さんは女性にまたがり・・・

準強姦罪で警察に訴え、逮捕状まで出たのに「上からの圧力で」逮捕されなかったのは山口さんが総理のご用記者だからと言いたいらしい、何がなんでも安倍総理に疑惑を持っていきたいというのが雑誌編集部の気持ちにしか見えない。そこには伊藤詩織氏という被害女性の心があるのかがわからない。山口さんの行いがレイプであったのかどうかは当事者でなければわからないし、書いてある状況を見れば100%レイプだったと言える。しかし、逮捕されていないのはなぜか。

フジの特ダネに出演していた山口さんがあるときから出なくなって不思議に思っていたらこの疑惑が出てテレビ局が嫌がったのだと思った。そして女性の会見となり、通常こういう事件の場合は女性が顔出して会見するのは非常にめずらしいと思う、このての案件は女性の将来も関わることになるやも知れないからだ、それでもこの女性の表情を見ると強い意志を感じるのは確かである。ただ、取り巻きが気になる。


弁護士が山尾しおり議員の夫である山尾恭生氏の同級生で次期民進党立候補者松尾明弘氏の弁護士事務所の西廣陽子弁護士であること、山口さんが辻元清美議員の疑惑をテレビ番組で強く批判していたことでつぶしにかけられたような印象を持つこと。そこに彼女の意志とは遠くはなれた民進党の安倍潰しがあるような気がする。政権の粗探しで言えば、今回の山口案件に民進党がからむ必要は無い。しかし、山尾しおり議員がからめば民進党本体の意思も感じるそして有田さんのツイートが・・


有田芳生‏
@aritayoshifu
もちろん、泥酔し意識がない様子の女性をホテルに連れ込む映像も警察は押収しています。前川前次官の情報をリークするより、準強姦のこうした犯罪を毅然と摘発する指揮をすべきです。
1:24 AM - 26 May 2017


有田芳生
‎@aritayoshifu
来週、この事件をめぐって新たな動きがあるようです。 https://twitter.com/aritayoshifu/status/868020107603091456 …
8:01 AM - 26 May 2017

民進党議員はこの流を知っていたということで民進党が詩織さんを嗾けたという論も無いわけではなさそうに感じる。1人の女性の将来をズタズタにしたかもしれない山口敬之氏の行状が世間でもっと批判されてもいいと思うが1人の女性の気持ちを弄ぶようなことにならないような審査会への提訴であってほしい。どうしても民進党がからむと解きかけた糸が複雑に絡みそうな気がする。詩織氏の将来が幸多かれと祈ります。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口敬之氏レイプ疑惑 被害者顔出し会見

2017-05-30 08:06:15 | 日記







「私はレイプされた」。著名ジャーナリストからの被害を、女性が実名で告白
BuzzFeed Japan 5/29(月) 18:11配信

テレビに多数出演する著名ジャーナリスト・山口敬之氏にレイプされたと主張する女性・詩織さん(28)が5月29日、山口氏が不起訴となったことを受け、検察審査会に不服申立をしたと発表した。詩織さんは弁護士を伴い、東京・霞が関の司法クラブで記者会見した。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

配布された資料などによると、詩織さんは2015年3月、当時TBSワシントン支局長だった山口氏に就職相談をしたところ、食事に誘われた。そして4月3日午後8時ごろ、都内の串焼き屋に入り、午後9時20分ごろ寿司屋に移ったが、そこで食事をしているところで記憶を失った。そして、痛みで目覚めた際、レイプされていることに気付いたという。

時折涙ぐみながら、詩織さんは語った。

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」中略

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

山口氏はその後、2015年8月26日に書類送検されたが、2016年7月22日に、嫌疑不十分で不起訴になった。詩織さんは納得がいかないとして、検察審査会に不服申立をした。
テレビなどで活躍するベテラン・ジャーナリスト
山口氏は元TBS記者で、長く政界を取材しており、2016年5月のTBS退社後はフリージャーナリストとして多数のテレビ番組に出演している。安倍首相との距離も近いとされ、2016年6月に出版した著書「総理」(幻冬舎)では、次のように記している。

「私は法に触れる事は一切していない。当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている。この過程において、私は逮捕も起訴もされていない」

一方、詩織さんの代理人弁護士は「これは起訴されるべき事案だと確信している」と述べた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00010010-bfj-soci&p=1


私は山口氏は信用できるジャーナリストであると思っていたがこの女性の話が真実であるなら男として許されることではない。山口氏は元TBSの記者をしていた方だが反体制派ではなく政権よりの雰囲気はあった。森友学園問題で辻元清美氏の疑惑について語っておられたがメディアが民進党の言論統制で辻元の名をいっせいに伏せたのだが山口氏だけはそうではなかったように思っていた。

それにしてもタクシーの運転手やホテルのベルボーイ、監視カメラ映像に下着からのDNAの鑑定結果で逮捕状が出たのに逮捕直前「上からの指示で・・・」ここも上からの指示・・ 森友では総理の忖度と昭恵夫人と森友の関係、加計学園では総理の意向、そして山口氏のレイプ疑惑は総理の友達風の山口の事件を「上から」の指示で邪魔をされた。出てくるわ出てくるわ、総理の意向や指示? まあ、山口氏の件は総理の総の字も無いがマスコミは暗に出したい雰囲気はある。今度は弁護士からの圧力か? 共産党や民進党が元事務次官を祭り上げて今度は女性の件が上からの指示・・まさか・・総理

と言うわけで、左翼の何が何でも総理の関係先が針の先ほどでもあれば何かしらの問題でつるし上げよう・・と まさかねそこまで暇ではないだろう・・今までは私学の問題、今回は司法の闇、次はなんだろ。閣僚の失言や官僚の始末の悪さ(天下り)そして総理自身の脇の甘さ、次から次へと変わっていく野党の仕掛。どちらが先に根を上げるか。総理がいつ伝家の宝刀を抜くか、世界情勢が経済でも安定せず北朝鮮をめぐる情勢は先が見えない。ロシアと中国とアメリカと日本関係が歪にならないようにするには安倍さん!頑張って!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースの深層(産経)で知った成田空港反対闘争の闇と民主党政権

2017-05-28 11:52:36 | 日記




私は成田空港の反対闘争というものはテレビのニュースでしか知らなかった。そして興味も無かった。確か、成田空港が開港以来始めて大雪での封鎖と言う事があったときに利用した事が現時点初めてで最後になる。

その成田空港反対闘争で煽り続けた小川国彦氏元社会党衆院議員が84歳で死去したそうだ。彼は反対派を煽り続けたが一転賛成派に回り成田市長を務めた御仁らしい。梯子をはずされた反対派はどういう気持ちだったか。彼だけではない、元社民党幹事長伊藤茂氏も反対闘争を指揮した一人だが後の細川内閣では運輸大臣に就任「立派な空港を作る」と発言していたとう。

成田闘争の主犯は社会党だったようです。

国会議員が一坪共有地で抵抗

 社会党は昭和38年に新空港の候補地に千葉県富里村(現・富里市)が浮上した当初から内陸部への空港建設に反対した。41年に成田市三里塚への建設が閣議決定されると、佐々木更三委員長が現地入りし、「社会党は空港建設阻止のために闘い抜く」と演説。党大会でも反対決議を行った。


成田闘争は何のためにやったのかは知らないが共産主義の革命闘争とでも考えればいいかも知れない。革命ごっこに飽きた者は体制に寝返り地位を得る。捨てられた運動員は歳をとりながら未だ革命を夢見る。そして革命ごっこの犠牲者が3名の警察官、彼ら犠牲者に対するこの左翼たちはなんら反省をする事はなかったという。

そもそも、日本の左翼はなんなのか、市民を煽りながら体制を批判させて死人まで出させて自分は体制側につく、そして一転体制の成功者になる。非常に興味深いブログを紹介・・・

http://inquiry.seesaa.net/article/204827976.html(左翼論のまとめ)

この中で「目的の為なら手段を選ばない」
この手段というのは「より良い社会の実現の為の手段」らしい。

1.爆弾、銃、テロを使用して、反対勢力および警察を壊滅させれば日本革命は成る。

2.既に闘争には勝利し、革命党は建設された。従って、唯一真正な革命党である自分達に逆らい、敵対する党派は、すべて警察のスパイである。残る仕事は、組織防衛のため、彼らスパイを殺し尽くすことだ。

3.今こそ大衆の海に乗り出し、大衆とともに歩みながら、常に政府の足を引っ張り、革命の条件が熟するのを待つ。

4.革命的祖国敗北主義により、日本革命を起こす。

5.議会を通し、多数決で政権を獲得し、革命を成就する。

これを真剣に討論していたのは東大安田講堂篭城事件の頃というから1960年代年終わりの頃という。この中で革命的祖国敗北主義という???の言葉があります。なんのこっちゃ・・・


日本共産党、日本社会党、中核派の理論。
いわゆる反戦団体、九条の会などの存在理由でもある。つまり、積極的な売国運動、利敵行為を通して、ソ連、中国、北朝鮮、韓国に日本を攻撃させ、日本を弱体化させる。そして、隙を見て日本を乗っ取るというもの。
簡単にいえば、クーデターで政権奪取。歴史的にも、ナチス、スターリン、毛沢東、キューバが実行している。
だが、完全属国化をどう防ぐのか?不可能だと思う。


だそうです。1960年代はデモやテロが頻発した時期、全学連がバリケード組んでヘルメットかぶり手ぬぐいで顔を隠し鉄棒や火炎瓶で機動隊へ攻撃する。そして弱った日本をソ連や中国、北朝鮮、韓国に攻撃させて弱体化させる・・・その後自分たちが日本を統治する・・・本気でそんなことを考えていたのか(絶句)まあ、現実他国が日本を攻めてきて占領したら真っ先に左翼は処刑されるだろうに、やっぱ左翼はアホバカとしか言いようが無い。そして革命的祖国敗北主義とやらが9条の会や反戦団体の存在理由だって・・車に憲法9条守ろうと書いた三角眼鏡をかけたインテリ風のおばさんの存在理由・・。

そういう中で育った左翼主義に染まった者達が政権を握ったのが2009年の民主党政権だった。3年半で何があったか、誰も興味を持たないことだが菅直人政権は本気で自衛隊がクーデターを起こす勢いだったろうと思う。
菅直人総理の側近25名「内閣官房専門調査員」議員ではないが内閣の中枢に入り込んでいる重要職。この25名中9名が極左暴力集団社青同出身というから恐れ入る。のちに9名から11名に増えているから殆どが極左の官房調査員を菅は首相官邸に自由に出入りさせた張本人だが、菅の命令というよりは社青同からの命令だったかも・・・左翼の恐ろしさを感じる。

菅直人政権が外国人からの献金問題で激震していたとき東北で大地震が起き、菅政権の延命につながったのは日本の不幸の不幸だった。その時の、福山哲郎官房副長官は飯館村に赴き・・・

飯舘村の菅野村長を、いきなり福島市内に呼び出し、
福山「お前の村は、計画避難区域になった。だから避難しろ」
菅野「え?避難って、どこに避難すれば良いんですか?避難所はあるんですか?仕事を失う人の、生活保障はどうするんです?子供の学校だってありますよ?それに、避難にかかる経費も、どうしたら良いんですか?」
福山「そんなこと知るかよ。お前らで知恵を出せよ。とにかく、5月末までに避難を完了しろ。良いな」
菅野(この政権には、心がない・・・)


ということがあったそうだ。松本龍復興大臣の態度を覚えている人も多いだろうがなぜあのような態度をとったか誰もが不思議に思うだろうが左翼を知っている人は「だって左翼だもの」ではなかったか。共産主義にまみれた者は人を統制しようとするらしい、あの場合は知事が大臣より後に来て大臣さまを待たせるなんてなんという出来損ないの知事ということで激昂したと考えれば合点が行く。左翼主義は自分の方が偉い人間、労働者は偉い人間である左翼主義者が統制するものと思っているのだ。

そう考えれば労働者組合は左翼である民進党の支持母体、民進党は心の底では「アホ」とほくそ笑んでいる図が想像できる。

最後に青山繁治氏のコメントを・・・

「菅政権は、社会主義政権とは言いませんよ。どうしてかというと、僕らの民主主義のルールに則って、あくまでできた政権ですからね。そんなこと、社会主義政権って言ってしまうと、僕らの国自体を貶めることになるから、そんなことは申しませんが、しかし公平に見て、民主主義の普遍的な価値、例えば報道の自由であったり、それぞれの考え方の自由であったり、行動の自由であったり、そういうことに関心が薄い政権だと言わざるを得ないんですね。で、これは実は、あの、現政府の中にも、民主党の中にも、つまり民主党寄せ集めでしょ?どうもこの政権は、あの、民主主義に遠いなと思ってる政治家もいるわけですよ、官僚の中にももちろんいるし」

松本龍復興大臣、平野達夫内閣府副大臣、どちらも恫喝大臣でした。もう1人孫正義さんも人にやらせて成功すれば自分のもの、失敗すれば叱責する人らしいです。思想信条は自由ですが人に迷惑をかけたらいかんですよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小西洋之議員 産経新聞を恫喝か?

2017-05-27 20:27:20 | 日記




小西ひろゆき (参議院議員)‏認証済みアカウント @konishihiroyuki 5 時間5 時間前
その他
産経新聞は民進党幹部や私など所属議員の記事を配信する際に、記事に直接関係のない「品位を貶め人柄が悪く見えるように故意にある瞬間を切り取った写真」を添付している。こんな下劣なことは産経と(たまにやる)読売ぐらいだ。党の顧問弁護士と相談し、法的措置を取る用意があることを警告しておく


恐ろしい、国会議員だ。

民進党が政権を強奪した場合の日本社会がどうなるかをこの議員は暗に示唆している。我々が正義である、我々に歯向かうものはすべて抹殺する。しかし、野党の議員はお気楽議員の塊だ。そんな民進党に苦言を呈する外国人が・・・


民進党や共産党は日本を「テロ対策後進国」にしておきたいのか 「テロ等準備罪」法案とパレルモ条約締約の必要性

前略

通称「パレルモ条約」(正式名称『国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約』)は、組織的テロや人身売買、武器の密輸などを行う国際的犯罪組織の撲滅を目指した国際条約だ。この条約は9・11直後の11月15日、人身取引、密入国、銃器に関する3つの議定書とともに国連総会で採択された。

 日本は02年12月までに、これらの条約に署名した。だが、正式締約の前に、締約国は「重大な犯罪を行うことの合意(=共謀)」「犯罪収益の洗浄(=資金洗浄、マネー・ロンダリング)」「司法妨害」などを犯罪とする国内法を定め、「犯罪収益の没収」「犯罪人引き渡し」などについて、法整備と国際協力を行う義務を負っている。その義務を履行すべく本国会に提出されたのが、「テロ等準備罪」の新設に向けた組織犯罪処罰法改正案である。

世界187の国と地域が締約したなか、G20唯一の未締約国である日本は、国際社会に迷惑をかけている。南スーダン、ソマリア、コンゴ、イランなど、日本を含む11カ国だけが未締約国である。民進党や共産党などは、日本を「テロ対策後進国」にしておきたいのか。

 東京新聞は24日朝刊に「共謀罪の対象となる277の罪」という一覧を掲げていた。対象が広すぎると言いたいらしい。私は277の犯罪内容を一通り見たが、犯罪の意思を持たない一般市民は同法案が成立しても何の不都合もないはずだ。

 同法案に反対するメディアは、公安監視対象団体に所属する愛読者や視聴者のご意向でも忖度(そんたく)したのか。

 ある民進党議員は、テロ等準備罪が成立したら本気で国外亡命を考えるとツイートしていた。彼が本当に亡命するようなら、それは日本の未来に貢献する善行だと思うので、ぜひ餞別(せんべつ)を贈りたい。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170527/dms1705271000004-n2.htm



恐怖で民心を煽る方法は戦前の新聞各社と同じでマスコミはこぞって戦争を煽った、それは正義のためお国の為ではなく自社である新聞社の為であった。戦争が起きれば新聞社は儲かる構図が出来上がり1900年代は戦争に明け暮れた時代であった。そして今、マスコミを手なずけた左翼政党は世界が認める共謀罪を否定して民心の恐怖を煽るのである。政府はテロ等準備罪とわざわざ説明を表記した法律でわかりやすくしたのにそれには目もくれず未だ共謀罪と言って煽るのである。我々国民は日本を外国の手に渡していいはずがない、しかし、左翼政党の本心は日本を外国に売り渡すような政策というより政府の政策の邪魔に明け暮れている。こんな恥ずかしい日本の政党が外国から見れば笑いの種にしかならないのではないか。

我々日本人は数か月前にお隣韓国で行われていた朴クネ大統領の弾劾デモを見て笑っていた。弾劾裁判を見て笑っていた。韓国がなぜあのような国になったかは北朝鮮の罠にはまり北朝鮮のシンパシーを多く重要ポストにつけたことによる内部の崩壊によるのだ。そして日本も左翼政党が7年前に日本の政権を強奪した。その政権が真っ先に行った政策は各省庁や公務員に在日の存在を許した政策だった。そして次の政権は首相官邸よりも自宅を優先せざるを得ない状況を作ったのだ。忘れやすい日本人は左翼政党が日本の政権を担うとどうなるか一度体験したがあれを忘れてはいけない。左翼政党は日本人の敵なのだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加