中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

日本に必要な政治家 日本を守る為に必要な政治家 

2017-04-04 13:27:38 | 日記
あこがれ温泉地の豪華宿泊ギフトや東京湾ディナークルーズが当たるキャンペーンを
実施中!日頃の疲れを癒してください!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NUX04+FRZJW2+3CPA+HVNAR

 私の仕事の組合の会合にも毎回政治家が出席して挨拶をされます。国会議員から県会議員市会議員までが列席されそれぞれが数分ですが自己紹介から業界に関わる話や地域に根付いた話をされて帰っていかれます。15~20分ですが私はいつも思います。それもありか・・・と。業界で話を通す場合はやはり議員の力を借りる事が多くあるのでしょう。一組合員でしかない私には知りえないことです。

森友学園問題も政治家の口利きが根本にあり、今回は総理夫人が学園の運営する学園の名誉校長だったことで野党が政権打倒に利用、内容を大きくし国会が止まってしまいました。明らかに一私学の土地問題を政権打倒に利用した野党の計画性を私は批判します。その中で出てきた民進党辻本清美議員の疑惑を民進党はマスコミ各社に声明文を発し拡散しなようにと圧力ともとれる行動を起こしました。恐ろしいことに保守系のブログサイトが得体の知れないモノに攻撃を受けダウンしたという現実は国民の知らないところで行われています。そういう中で行橋市議の小坪しんや氏も攻撃を受けたといいます。彼は今後法的処置も考えていると言いますので成り行きを見守りたいと思います。

小坪氏もそうですが、日本の将来を考えている日本の政治家が何ものかに攻撃を受けるのですがそういう事がニュースにならないのが日本の社会です。そんな今の日本の社会の中で頑張っておられるのが前衆議院議員の杉田水脈氏、彼女が「杉田水脈のなでしこリーポート」が産経ニュースにありましたので紹介します。


森友学園に絡む左翼勢力は、反基地闘争や反日プロパガンダと1本の線でつながるのです


50日もの長きにわたり国会の委員会とテレビのニュース情報番組を「ジャック」してきた森友問題もそろそろ終焉に近づいてきたようです。昭恵夫人と森友学園理事長の妻・籠池諄子氏のメールが全文開示され、火種は民進党に飛び火しています。

インターネット上では、メールの中に書かれた辻元清美代議士の行動や背景を報道しないマスコミの隠蔽体質について非難する声が上がり、さすがのテレビや新聞も無視することができなくなってきたようです。が、未だ辻元氏が幼稚園に行ったかどうかといった表面的な報道に過ぎず、その背景について深入りはしていません。後略

http://www.sankei.com/premium/news/170402/prm1704020019-n4.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




在日韓国朝鮮人がこの数年声高に言うのが差別と人権そして少数派(マイノリティ)という言葉だ。

在)我々マイノリティは差別を長年受けてきたそこに人としての人権はない、そしてマイノリティ故に日本は我々を差別する・・・・

そしてこの思想を持った団体は国連にまで行って日本がいかに人権無視の国家であるかを喧伝するのだ。その団体は沖縄米軍基地反対派の先頭に立ち、沖縄の総意のように世間を欺く。これを日本国籍を有する日本人が行うのだ。しかし、その頂点に立つものは在日朝鮮韓国人なのだが日本人は誰もその事を疑問に思わない。

じっくりと考えると疑問を持つ、日本人が在日韓国人にアゴで使われているのだがここは日本で韓国ではない、なぜ日本人がアゴで使われなくてはならないか。一つは思想信条、二つは弱みを握られ命令されている、三つ目は洗脳、そのように考えれば合点もいく。普通は日本人が日本の為に考えるのは国益、小さなことから大きなことまで基本は日本人の日本の国益、しかし在日にアゴで使われている連中はどう考えても日本の国益を有する為の仕事をしていない。

共謀罪を全力で阻止すると言った民進党山井、一般人が巻き込まれる可能性があるから反対だそうだが一般人はテロの共謀はしない、もししたとしたら罰するのは当たり前なのだ。それだけ世界はテロとの戦いをしているのに日本だけが言論の自由などというまやかしに囚われているのはこの者達の手に落ちている証拠なのだ。毎回書いてしまうが居酒屋で上司を殴りに行こうと共謀したら逮捕される、誰がその共謀を判断する?国?そう国だからなんとでも難癖付け逮捕される・・・という趣旨らしい。

日本を取り巻く環境を素人目に考えれば今ほど危なく思うこともない。なぜ野党が安倍政権打倒を打ち上げたか、今すぐなぜ打倒しなければならないか、若者まで洗脳して安倍政権批判をしているか、奴らにとって安倍晋三総理大臣が目の上のたんこぶどころか強大な岩石だからだ。余命時事を読むと今、紆余曲折があるにしても安倍総理の描いている状況は続いているそうだ。安倍総理の最終目標がどこにあるかは本人しか知りえないが私は一国民として安倍総理大臣を支持することに誇りを持っている。そして日本の国益に叶う政治家の輩出を願っている。決して有田や福島、辻本、白などが日本の国益を考えて政治をやっているとは思えない。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秩序崩壊の韓国 産経新聞ソ... | トップ | 茂木健一郎 産経批判 辻本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。