中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

そこまで言って委員会NP 原口一博元総務相がはっきりと 「日本の国会議員にはなれない」

2016-09-18 22:17:36 | 日記


第十四条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。

原口「国籍法16条は努力義務ですが、14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。 それをなされないということは、14条違反になる。私は総務大臣だったので、そこからひるがえると公職選挙法や政治資金規正法違反になる。 国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある」。

これは八幡(問題提起したジャーナリスト)さんも私も指摘した通りだ。「外国の国籍を放棄する旨の宣言」をするためには、国籍法16条によって外国籍を離脱していなければならない。 これ自体は努力義務だが、それはブラジルのように国籍離脱を認めていない国の場合であり、台湾は国籍離脱できるので、金氏もいうように台湾の国籍喪失証明書がないと日本国籍は取得できない。 つまり蓮舫氏は法的にはまだ台湾人なので、日本の国会議員にはなれない。 したがって彼女は議員資格を失い、民進党代表の地位も失う。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51984287.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこまで言って委員会の金美齢氏が「2009年に日本国籍を取得するとき、法務局から先に台湾国籍を喪失して喪失証明書を持ってきてくださいと求められた」と証言した。私はこの番組を見ていないのでこの記事を参照させていただくが 蓮舫さんがさんざんしゃべっていたことが全部噓?と言うことになる。喪失証明書を提出してから日本国籍を取得するということ、蓮舫さんは日本国籍を取得したとはっきり言ってるのだから喪失証明書を提出してるはずになる。しかし本人は家の中からパスポートがでてきました・・・(笑)。

日本人ではなく台湾国籍を有した状態で日本の国会議員を勤めていた・・・詐欺? 犯罪者?

テレビ局が恐ろしく静かですね、言って委員会はどちらかと言えばタブーに切り込むイメージで他局がやらない案件を鋭く?やってくれるから人気があるのだがミヤネヤあたりは静か・・。しかし、国民が蓮舫さんに期待する割合・・・56% 外国人の首相候補に・・・。私は少数派です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余命時事日記という日本の最... | トップ | 沖縄選出の糸数慶子、伊波洋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。