中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

今井絵理子参議院議員 流行?の・・・

2017-07-27 08:13:15 | 日記






「今井絵理子」の略奪不倫 妻子ある地方議員と“お泊り”3日間

昨年の参院選で安倍チルドレンとして当選を果たした、元「SPEED」の今井絵理子・参議院議員(33)。聴覚障害のある息子を育てるシングルマザーでもある彼女が熱愛中の相手は、妻子ある地方議員だった。写真は、7月16日、東京方面へ向かう新幹線の車内で眠りこける今井議員とその相手である。彼女を覆うタオルケットの下に男性の手がもぐりこんでいるが、何が行われているかは定かではない。この前々日には今井議員がセカンドハウスとして使うマンションで、そして前日には大阪府内のホテルで“お泊り”をした姿が確認されている。男性の正体について、「橋本健という、自民党の神戸市議会議員です」と明かすのは、今井議員とごく親しい芸能関係者だ。橋本議員には妻と2人の子がおり、妻とは別居状態にあるというが、離婚は成立していない。今井議員とは不倫関係に当たる。後略

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00528249-shincho-pol


お2人とも相当お疲れの様子、新幹線でここまで撮られているのになんとまあ大胆な寝姿、お手手をつなぎ仲むつまじいカップルだが男性は別居中といえど妻子持ち、今井議員とは不倫関係・・・不倫は文化だ!!ちょっと古いフレーズでした。しかし、今井さんが普通のシングルマザーなら何も他人に言われる筋合いはないのだろうが選挙で当選した参議院議員で有権者から大事な投票を得て議員になられ自身の境遇を政治にいかす目的があり賛同を得たと思う。しかし、元アイドルといえど男は好き・・・

ほんと、ここ2年ほどで自民党議員の不祥事が続いております。芸能人から一般人まで不倫は男女のつきものと思われますが議員でありながら結婚しているのにハワイで挙式を上げた議員や奥様が妊娠されて大変な時期に不倫をしていた議員、暴言暴力で逮捕寸前の議員、自民党一強がだした弊害?与野党が拮抗しておれば三流の議員を出している余裕はないはずだが強すぎた自民党がダメだったのか。それとも三流議員が多すぎるのか、テレビは御用コメンテーターと司会者で一生懸命政権叩き、政権は政権で隙を見せすぎで倒閣を党内からされる始末、いま、健全な政党はどこだ!!・・・

私はずっと野党4党を批判しているので野党4党が健全な政党とは思っていない。彼らこそ日本の敵なのだが与党にも日本の敵が存在していた。この政権の足を引っ張る三流議員達、政権党の議員だからニュースになるのだがこれが弱小政党の泡沫議員であれば「誰!?」で世の中は済む話し、政権党の議員は身をしっかりと引き締め脇の甘さを露呈せず議員の仕事を4年6年真っ当しなくてはならない。と国民は思うのです。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本弁護士会の恐ろしい教育... | トップ | 民進党の蓮舫代表辞意表明? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。