中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

安倍総理潰しに中国と北朝鮮が関与? 

2017-07-11 19:27:49 | 日記






「逃げ腰」習氏にトランプ氏激怒、北潰しプロのCIAが韓国で極秘工作 中朝工作員は突然「安倍潰し」活発化

米中決裂が確定的となった。ドナルド・トランプ大統領は、中国の習近平国家主席が、北朝鮮の「核・ミサイル開発」阻止に動かなかったことに激怒し、対抗措置に着手したのだ。中国への制裁発動と、北朝鮮への軍事オプションの検討指令。こうしたなか、中国と北朝鮮の工作員が、日米同盟を弱体化させるため、安倍晋三政権攻撃に関与しているという衝撃情報が入った。東京都議選などで確認された、驚くべき工作員動向とは。ジャーナリストの加賀孝英氏による最新リポート。中略

北朝鮮のこれ以上の暴発は断じて許すわけにはいかない。日本は米国との連携を強めていく必要がある。だが、深刻な不安が浮上している。

 外事警察関係者は「日本国内で、中国や北朝鮮の工作員の動きが、突然活発化している。安倍政権を攻撃するものだ」といい、こう続けた。

 「『加計学園問題』や『豊田真由子衆院議員の暴言・暴行問題』『稲田朋美防衛相の失言』などが相次ぎ、自民党は都議選で歴史的敗北をした。ネット上では、中朝工作員とみられる、『安倍政権潰し』の大量の書き込みがあった」

 「彼らは『安倍政権を倒せば、日米同盟は弱体化し、トランプ政権は中国制裁や北朝鮮攻撃が不可能になる』と考えているようだ。工作員たちが政界関係者やマスコミ関係者と接触している。危険だ」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170711/soc1707110007-n1.html



 私は安倍政権が進めている政策が中国や韓国北朝鮮にとって非常に都合が悪いから日本の左翼が東アジア3国の指令を受けて安倍政権潰しを始めたと思っていた。当たらずも遠からずといった感じ。

韓国でのTHAAD反対団体の趣向が沖縄基地反対者団体と同じ、日米同盟を弱体化させるには沖縄米軍基地反対がわかりやすい、そして一番効力がある。残念ながら日本人は大きな節目に置かれている、それも外国人(中国人、韓国人)にだ、このまま、安倍政権が倒れるようなことがあれば日本は弱体化が加速する、安倍総理は就任後からツキがあったと余命3年時事日記は書いている。しかし、そのツキが空回りしてくると足を引っ張ることになる。

日本を取り戻す、取り戻されては困るのが民進党、社民党、自由党そして共産党、この工作員が議員をやっている日本売国奴党を自民党潰しの悪役だと気づくのが遅すぎると日本は2700年の終止符を打つことになる。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう隠す必要はございません... | トップ | 高校教諭が「殺してもらうし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。