中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

警察学校で賭博・・・昨日の相棒がダブってしまう。

2017-11-16 11:42:26 | 日記




テレ朝で昨日放送の「相棒」が警察学校の教官が何者かに突き落とされ瀕死の重傷を負うと言う事件で・・・・結果犯人は警察学校の学生だったと言う落ちだった。警察学校で賭博を開く時間がある事に驚く、まあ、空いている時間(休憩・休日)などは本人の自由時間で賭博の時間を作ろうとすればできないわけではないだろう。先月だったか覚醒剤で逮捕された物まね芸人の清水某は今年前半違法賭博場に出入りしお灸を据えられた事件があったが警察官がそんなことをしてはいけないと教えるだろう。それが警察学校内部で賭博を開くとは、相棒の犯人が「警察は犯罪を教えてくれる最高の場所」というセリフがあったがまったくその通りだった。ただし、どちらも犯人としてあげられたが。


警察学校寮でトランプ賭博 初任科生12人を書類送検 佐賀県警
11月15日 17:07

警察学校寮でトランプ賭博
 佐賀県警察学校の寮内でトランプ賭博を繰り返したとして、当時10〜20代の初任科生12人が単純賭博の疑いで、5人が書類送検、7人が佐賀家裁送致されていたことが15日、分かった。書類送検などは8月25日付。県警は賭博の中心人物だった巡査ら3人を10月5日付で懲戒処分などにし、うち2人が同日付で依願退職した。

 県警監察課などによると、12人はいずれも今年4月に入校した男性巡査。6月中旬から下旬にかけ、昼休みや夜の自習時間に、寮内でトランプ賭博を計約60回繰り返した。1セットのまとまった賭けでは最大4万〜5万円、期間全体で約20万円を得た者もいたという。6月下旬に県警に情報提供があった。12人は内部調査に対し、賭博への関与を認めている。

 佐賀県警の牧瀬義昭監察課長は「誠に遺憾。警察官としての自覚をしっかりと持たせるよう、教養を徹底して再発防止に努めたい」とのコメントを出した
https://news.goo.ne.jp/article/saga_s/nation/saga_s-149069.html


日本の治安を守る警察官の不祥事が今年も結構な件数で報道されたが銃の携帯を許された職業で自衛隊よりも上位にあると言われる警察官は意識を持って事にあたってもらいたい。と思わせるニュースでした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野党、足立議員に懲罰動議を検討 | トップ | 小林よしのり氏 この人の精... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事