中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

和歌山弁護士会 朝鮮学校に係る補助金交付に対する声明・・・

2016-09-18 11:58:59 | 日記
どこの国の人達か知らないが弁護士が朝鮮学校に通う子供達に「反日教育」を受けさせる為に税金をだせと声明をだした。これが日本の弁護士界の現実、朝日新聞を弁護するのに100人集まるはずだわ、狂ってる。


和歌山弁護士会の藤井幹雄会長は9日、「『朝鮮学校に係る補助金交付に対する留意点について(通知)』の撤回を求めるとともに、学校法人和歌山朝鮮学園に対する補助金の適切な交付を求める会長声明」を発表した。

声明では文科省が今年3月29日に発表した「朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について」と題する通知について、「外交問題・政治問題を理由に、朝鮮学校に対する各都道府県の補助金交付に事実上圧力をかけ、これによって各地方自治体における補助金停止を強く促進する効果をもたらしかねないものである」と非難。

朝鮮学校に通う子どもたちには、他の子どもたちと同様、憲法26条1項、社会的及び文化的権利に関する国際規約13条、子どもの権利条約第28条に基づき、教育を受ける権利が保障されており、母語教育・民族教育を受ける権利は、市民的及び政治的権利に関する国際規約第27条や民族的、宗教的、言語的マイノリティに属する権利に関する宣言、あるいは子どもの権利条約第30条によって保障されている権利であると述べた。 後略(朝鮮新報)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
裁判所が騙されたふりで逮捕された特殊詐欺の受け子を無罪にした判決を出す世の中、なにがあってもあまり驚くこともなくなってきたが弁護士界もまた北朝鮮の主体思想を日本に住む北朝鮮系の子供達に植え付ける為に声明文を発表しました。政治には二重国籍保有者や弁護士は頭が変なのがいるし大学教授には安倍憎しで頭が狂ったのもいる。

まともな者はネット界だけ?この声明に権利条約・・何条なんてありますが北朝鮮人相手に日本だけ法律を駆使しなければならないなんておかしいだろ。相手は1人の独裁者の考えでしか動けないような国の出先機関でスパイ養成所、そしてその子供達、日本の税金を入れる前に日本から出ていかせる工夫の方が大事だろう。

弁護士はバカがなる職業だと最近思うようになった。バカでなければこんな声明文出さない。日本人の人権を遠くに置いといて北朝鮮人の人権を考えるそんなバカばかり。そう言って和歌山で思い出したが和歌山の総合病院の在日医師、日本人を殺せなんて言ってた奴、未だ働いているのか?嫌な世の中になってしまったな。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二重国籍者も国会議員になる... | トップ | 余命時事日記という日本の最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。