中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

琉球新報 金口木舌 いや~こんな新聞読まされる沖縄県民がお気の毒で・・

2017-07-14 08:34:03 | 日記






<金口木舌>安倍首相の“そば”政治
2017年7月13日 06:00

安倍晋三首相はどうも「そば」が好きらしい。「そば」と言っても、側(そば)にいる人という意味である。行政の公平性やルールよりも、「そば」の利益を優遇するような政治に、国民の不信感が募っている

▼ちまたでは森友学園の「もりそば」、加計(かけ)学園の「かけそば」で、安倍首相は「腹を痛めている」とちゃかされている。どちらの関係者も首相や首相夫人の「そば」にいた
▼国会での追及に対し、首相は何度も「印象操作だ」と繰り返した。どちらがごまかしているのか、狐(きつね)につままれたような気分になる。「そば」に、きつねとたぬきをトッピングしたか。後味は悪い
▼とはいえ、新事実や証言が次々に明るみに出る。情報は漏れる。「ざるそば」である。加計問題では前文部科学事務次官が政権の「圧力」を告発し、学園側が自民党の下村博文幹事長代行への献金を取りまとめていた問題も発覚した
▼自民党衆院議員の秘書への暴力・暴言問題や、首相の「腰巾着」とやゆされる防衛相が東京都議選の応援演説で発した問題発言は、「そば」の「コシが弱かった」ではもはや通用しない。食えない代物だ
▼都議選で有権者は首相の“そば”重視政治にノーを突き付けた。だが首相は国会閉会中の審査に出席せず、真相は闇のまま。「そば」は伸びれば伸びるほどまずい。そんな国民の敏感な“味覚”を首相は心すべきだ。
https://ryukyushimpo.jp/column/entry-533670.html


いや~ここまで低脳とは、そばと側とをかけて洒落たつもりらしいが結局安倍晋三総理個人を罵倒しているに過ぎない。正直言って、金口木舌なんて言葉知りませんでした。調べました・・・

大辞林 第三版の解説

きんこうもくぜつ【金口木舌】


昔、中国で、法令を発したり教えを示したりする時に鳴らして注意を喚起した鈴。木鐸ぼくたく。

人々を教え導く人。


教えを導く人?琉球新報が?こんな新聞いらんでしょ。購買やめたら、沖縄では非県民のレッテル貼られる?沖縄タイムズとかこことかいらんよ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫議員からレッテルはられ... | トップ | 船越英一郎さんの記事に「日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。