中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

TBSプロデューサー上西小百合議員を番組出演という誘惑?

2017-05-17 22:06:36 | 日記


問題となっている上西小百合衆議院議員のツイートが、テレビ局プロデューサーの発言を正確に記しているのかどうかが不明ではあるが、額面通り受け取れば「政治的働きかけの見返りに番組登用を示唆」となるだろう。
仮に擁護するとすれば「メディアとクロスする」は、番組への出演を約束したとは言えず、あくまでメディア側の求めるものと合致することを告げたに過ぎないという見方もできる。だが、それでもメディア側が政治家に対して出演の機会を匂わすのは好ましくない。

こういったメディアと政治の関わりで思い起こされるのは「椿事件」だ。
椿事件とは1993年、当時のテレビ朝日報道局長であった椿貞良が、局内での報道姿勢を以下のように指示したと発言した問題。

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」
「日本共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」



共謀罪についてどんな状況になっても貴方は法務委員会でベストをつくしなさい・・・by 赤坂にあるTV局 TBS?

ベスト=反対・・・

これがマスメディアと議員との癒着?ニンジンぶら下げて政治活動する在日が一番多くいるTBSの局員 

報道する側に偏りのない姿勢を望むのは無理な事なのか、マスコミが政権を監視し間違いをただす役割を担っているとしたら間違いではないのかもしれないがマスコミが間違っていた場合はどうするのか。今のマスメディア全般左翼に傾倒しているとしたら日本を守るのは政権しかない。マスコミも野党も日本を崩壊させようとする売国奴としか思えないのに現政権を批判する根拠は何もない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園 森友の次が早くも... | トップ | 朝鮮総連 日本は敵  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。