中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

韓国新たな 金強請り作戦

2017-03-08 08:11:01 | 日記




釜山に今度は「徴用工像」 慰安婦像に続き設置計画


【ソウル=名村隆寛】韓国・釜山の日本総領事館前に違法設置された慰安婦像に加え、日本の朝鮮半島統治時代に「強制された」という徴用工の像を釜山に設置する計画が検討されていることが7日分かった。

 計画しているのは全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山地域本部で、来年5月の設置を目指しているという。設置場所は検討中だが、日本総領事館前のほか徴用工が日本に渡った釜山港に設置する案もあり、日本政府に謝罪と賠償を求めるのが目的という。

 民主労総と韓国労働組合総連盟(韓国労総)などは昨年8月、京都市の丹波マンガン記念館で「強制徴用朝鮮人労働者像」を設置している。産経
http://news.livedoor.com/article/detail/12767105/




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国人が日本人に対しておこなってきた傍若無人な振る舞いが度を越えてきたのを日本人のどれだけの人が気にしているのでしょうか。韓国人を信頼できないという日本人が80%ほどいるという調査結果を何かで見た記憶があるが信頼というよりは嫌悪と言ったほうがしっくりくるかもしれない。韓国は日韓基本条約で北朝鮮は韓国だから北朝鮮の分もまとめて払えと言って日本から保証金?などを取った。北朝鮮は韓国の勝ってな言い分を認めるはずもなく当時の日本政府がそれで納得した事が解せない。

そんな韓国では慰安婦の次が徴用工だそうだ。徴用工問題は随分前から言われてきているから今更だが慰安婦像を設置して嫌がらせをしてきた旨味を覚えたせいか今度は徴用工像だそうだ。よくも飽きもせずこんな事ばかりにエネルギーを費やす事が出来るとあきれるばかりだが、これも慰安婦ビジネスで味をしめた韓国人らしい民族としての誇りを金に換える一手段でしかない。

しかし、日本政府はこれをどうするのだろう、無視をしていけば世界で日本は韓国人を徴用して奴隷のように扱った悪い奴らだと言いだすし世界に人権問題として拡散するだろう。世界は韓国人の粘着質な態度に嫌気がさし日本に金払ってきれいさっぱりにしろよというだろう。韓国人の本当の乞食根性を知らない世界の人々は日本に折れろというだろう。韓国人は恥の概念がない、変わりにプライドが高いというから始末が悪い。

恥がない上にプライドが高いという事は、相手の話は聞かない、自分の言う事が正しいのであって証拠云々なんてこの世には関係ない。自分の意思が通ればそれでいい、意志が通っても次の欲が出れば次も又自分を通す。これが韓国人だ。日韓歴史問題で話し合いを持っていたが平行線で話にならなかったと担当した学者がこぼしていた。

私は思うのだが、ここでどれだけの事を書いても大したことではない、小さな力も皆が寄れば大きな力になる。韓国人が証拠を重視しなければ当然韓国人に対して証拠を突きつけても無駄だとなれば日本人も言いたい事を言う。韓国人が犯したベトナムでの蛮行を日本発として世界に拡散する。そして自国民を虐殺した「保導連盟事件」114万人の犠牲者がでたのだが韓国人の冷徹で自分勝手な面を世界に拡散させる必要がある。この事件は韓国ではタブーだという、韓国初代大統領の蛮行だが韓国民はこの事件を共産主義のせいにして我々は関係ないと嘯いた発言をしている。

そういう中徴用工を問題視して日本から賠償を取ろうと画策、すべて人権問題として日本を貶める為、金を取る、日本の評判を落とす、可哀相な韓国人を演出する、韓国が善であり日本が悪であると世界に知らしめる。それだけ、こんなバカな国と日本が共存など出来るはずがない。このまま行けば必ず日韓は戦争になる。日本で韓国を擁護する者は売国奴となり日本から追われる覚悟があればどんどん励めよ、今の政治家までは韓国にいくらかの問題を掴まれているかもしれない。だがこれからの政治家は罠に掛からない限り韓国人の本性を掴んでいる。韓国に素直に謝罪していた60年70年80年90年00年代とは違う日本になる。その時韓国が思い知る事になる。ならなければ世界の為にならない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国系信組支援1・2兆円 ... | トップ | ニュース女子問題 対レイシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。