中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

法政大学山口二郎さん、全体主義を語る・・・

2017-07-12 12:54:35 | 日記





山口二郎氏が民進・蓮舫代表の戸籍謄本公開を「全体主義国家だ」と猛批判 八幡和郎氏は「山口先生は何を恐れているのか…」

民進党の蓮舫代表が自身の戸籍謄本を公開する方針を示したことについて、山口二郎法政大教授は11日、ツイッターで「政党の消長よりも、日本における基本的人権にかかわる重要な問題」と指摘し、「これは絶対に譲ってはならない一線だ。公的な活動、発言をするときに、自分は真正な日本人であることをいちいち挙証しなければならないなんて、全体主義国家だ」と書き込んだ。また、山口氏は「民進党は基本的人権の観念を理解しない政党なのか。日本の法律に則って選挙に立候補し、国会議員になっているという説明で十分ではないか」ともつぶやいている。

これに対し、疑問を投げかけているのが蓮舫氏の「二重国籍」問題について批判を展開してきた評論家の八幡和郎氏だ。八幡氏は11日、自身のフェイスブックに「山口先生は何を恐れているのでしょうか。みんなで考えてみましょう」という書き出しで、「当該国の国籍法で許されない国籍のあり方である人が政治家である事を許す国はありません」「生まれてから現在に至るまでの国籍の異動について正確な情報を公開せずに政治家であることを許す国が世界中にあるとは思いません」などと指摘している。
http://www.sankei.com/politics/news/170712/plt1707120018-n1.html?utm_source=browser&utm_medium=push_notification&utm_campaign=PushCrew_notification_1499795871&pushcrew_powered=1



もし、安倍総理か自民党の閣僚が二重国籍であったらこのような事を言ったとは思えない。当人の人間性をどん底にまで叩き込み這い上がることも許さないような文言を並べ批判したと思う。これが蓮舫代表だったから二重国籍で何が悪い、これでは全体主義国家だ・・・これが法政の学者の脳みそ、法政を卒業する学生もこんなもの・・・。こんな者を教授とは笑止千万、日本の大学のレベルが低いのはこういうのがいるからと思われる。

山口さんは民主党政権のブレーンだった人、しかし、こんないい加減な考えの者をブレーンにした民主党、お仲間さんだから二重国籍何が悪い、悪いのは安倍を支持するお前らだ!!って言いたいのかな。それに法政大学もなにか弱みでも握られているの?不思議だこんなんを雇用しているのを。

ちなみに・・蓮舫代表の二重国籍は法律違反ではありませんということだそうです。

弁護士の佐藤みのり氏によると政治家が二重国籍であっても日本国籍を取得しているのであれば、法律上は問題はないという。


それでも蓮舫さんは台湾国籍、台湾という国は認められていないから中国籍、中国は敵国だと考えれば悠長に法律違反では有りませんなんていえませんよね、特に野党と言えど野党第一党の代表です。選挙で民進党が勝利すれば総理大臣ということですから・・・

全体主義とはブルタニカ国際大百科事典

個人の利益よりも全体の利益が優先し,全体に尽すことによってのみ個人の利益が増進するという前提に基づいた政治体制で,一つのグループが絶対的な政治権力を全体,あるいは人民の名において独占するものをいう。歴史的にはナチス・ドイツ,ファシスト・イタリアなどのファシズム政治体制があげられるが,スターリニズムや毛沢東主義などを含むこともある。一党独裁,政権の不誤謬性,議会民主主義の否定,表現の自由に対する弾圧,恐怖による警察政治,宣伝機関の独占,経済統制,軍国主義という共通点がある。 20世紀に出現した現象であり,マスコミュニケーションと兵器の技術進歩によって,初めて可能となった。従来の専制政治と異なるのは,大義が強調され,そのもとに個人の生活全般にまで統制が行われる点である。

左翼が安倍政権を独裁とファシズムと言って印象を悪くしようとしているのだがここからきているのですね、そして最後は全体主義か・・これで山口さんのツイート見てなるほど!!そうか!!自民党は危ない!!と思われれば大成功か・・・さすが左翼を飯の種にしている教授だけの事はある。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校教諭が「殺してもらうし... | トップ | 韓国THAADに反対する団... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。