中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

民進党 産経を抗議文 

2017-03-30 09:10:09 | 日記





辻元清美氏 民進党が産経新聞に抗議文「首相夫人とは事柄の本質異なる」
産経新聞 3/29(水) 19:07配信


森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。

しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。

 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。

安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる

 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する。

         以上

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000552-san-pol
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



国民の目が総理夫妻に向いている森友学園問題から派生した辻本清美議員の疑惑を報道各社に圧力ととられても仕方ないような方法で沈静化させようと画策した民進党が最後の手にでた。3つの疑惑として報じた産経に「確認取材という報道取材の基本を欠いた記事・・・」という事で厳重に抗議し法的処置も検討するという。

民進党柿沢未途議員の名で抗議文を産経に出したのだが、よ~~~~く考えてどちらが重要な案件だろう。抗議文には容易に事実でないとはっきり書いているが何をもって事実でないと言えるのかを証明する必要があるのではないか。そして籠池証人との関係性の問題は事柄の性質が異なる・・・・?

要するに自分は悪くないが安倍は悪いが籠池も悪いと言いたいようだ。日本の公党が疑惑を一枚の声明文のみで片付け相手には疑惑を証明しろと言う。だが、籠池夫妻はともかく、安倍総理夫妻は法律に掛かるような事は何一つしていない。100万円の寄付を総理は否定したが100万の寄付が法律に掛かるようであればこの世から寄付が出来なくなるのではないだろうか。そして口利きの問題を言うなら土井たか子にらち被害者の解決を願い出たのを反故にして北朝鮮に告げ口した件をみれば野党にも口利きはあるものと考える。土井は工作員であったためにらち被害者家族には思いを遂げる事はできなかったのは不幸なことだった。

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東スポ 辻本会見ドタキャン... | トップ | 話題の作業員がTBSラジオに出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。