中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

愛国女性のつどい花時計 蓮舫氏を東京地検に告発

2016-10-29 09:05:10 | 日記
※ http://www.sankei.com/affairs/news/161028/afr1610280020-n1.html
民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとして、国籍法違反と公職選挙法違反の罪で蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出した。

 民進党役員室は「事実関係がわからないのでコメントは控えたい」とした。

 告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、今月7日に選択の宣言をするまで義務を怠った。また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。

岡氏らは告発状で「本来であればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよきました、告発の嵐

二重国籍の解消をせず、参議院選に出馬当選、もし二重国籍で台湾=中国の国籍を有した候補であると選挙民に広報すればトップ当選は難しかったのではないか。そこを隠して当選したら虚偽の当選となり無効のはず、裁判がどうなるかは分からないが状況証拠はそろっており逃げはできないと思われる。当然、議員資格を剥奪され公民権停止、投獄 の憂き目にあうはず。

民進党は人気だけで党首に据えたが蓋を開けたら犯罪者だった・・・というおちになるのをどれだけの人が予見していたか、議員には弁護士も多いので状況を考えればシロクロわかるはずだが、どうなっているのでしょう。

まあ、判決はずっと先の事、議員を辞職して衆議院の出馬することでややこしくなり傍から見れば面白いことになりそう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元しばき隊 男組 添田充啓逮捕 | トップ | 韓国人自国が大変なのに沖縄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。