正さん日記

世の中思いにつれて

不自然な安倍首相の言動=国有地格安払下げ

2017-03-07 13:56:38 | 政治

 疑惑にまみえる森友学園を守る安倍晋三首相の国会における言動は尋常ではない。

 同学園理事長の籠池泰典氏が、安倍氏も入っている右派組織国民会議の仲間ということもあるが、何といっても急きょ辞退したとはいえ、昭恵夫人が新設予定の小学校の名誉校長になる筈だったことが同学園を守っている最たる理由だろう。

 もっと言えば、森友学園が超格安で国有地を買収できたのも、誰彼ではなく、安倍首相のみこを取るために議員や官僚が忖度したためではなかろうか。

 今日のテレビを見ていても、この土地にはごみなど埋まっていないとのことだ。そうなるとごみ撤去のためとして割り引いた約8億円は超格安にするためのカモフラージュの何物でもない。

 安倍昭恵氏についても、講演会に2人の公務員が同行したが、その出張旅費は昭恵氏のポケットマネーで払ったというが、こんな常識外れのウソは到底納得できるものではない。

 だいたい、講演を頼まれたのに,何故旅費は自腹を切らなければならないのか。こんな子供だましの言い訳は通用しない。

 お供した2人の公務員の旅費が公費で払われたことを確認するまでもなく、安倍昭恵氏は間違いなく准公務員と見做されるのが常識的だ。

 色んなことを繋ぎ合わせても、森友学園の諸問題には安倍首相が絡んでいると見るのが自然の見方だ。「関連:3月2日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相、在任期間、歴代最... | トップ | 日本、キューバに11-6で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む