正さん日記

世の中思いにつれて

稲田防衛相、内閣改造前に遅すぎた辞任

2017-07-28 14:56:34 | 政治

 稲田朋美防衛相が辞任した。南スーダンにおける陸上自衛隊の日報隠蔽疑惑や、都議会議員選挙の時の不適切な応援演説など、これまで数々の不手際があり、防衛相としての資質に欠けると批判を浴びてきたが、粘り強く職にしがみついていたものの、陸自の最高幹部などの辞任表明を受けてもやは居座りが許されない段階で辞任した。

 しかし、安倍晋三首相は内閣支持率続落の挽回を図るべく、8月3日に内閣改造をすることになっているが、稲田氏はこの中で交代させられることが確実視されている中での辞任は、いまさらという声と遅すぎたという声が入り交じっている。

 稲田氏は、安倍首相の秘蔵っ子と言われ、一時は次期首相候補と持てはやされたが、振り返ってみれば、弁護士でありながら常識に欠け、政治家としては不適切な人物だったという他ない。「関連:7月27日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計、森友、防衛省問題で早... | トップ | 蓮舫民進党代表、無念の辞任... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む